加算

一つのサイトで最新の「新薬・行政情報・臨床情報」がチェックできるオススメの情報サイト紹介▼

新人薬剤師の勉強
薬局の勉強に超オススメのサイト

加算

重複投薬・相互作用等防止加算が算定できるパターン

2018/6/7  

H30年度改定対応で「重複投薬・相互作用等防止加算」について解説していきます。この加算はH28年に名前がかわってさらにH30年度改定では残薬調整用の点数が新設されました。改定ごとにちょっとずつかわって ...

加算

一包化加算よりも自家製剤加算を算定した方が得な場合

2017/9/19  

一包化加算と自家製剤加算のどちらも対象になる時にはどちらか一方しか算定できません。 たとえば、一包化の中に0.5錠が入っていた場合は、錠剤を半割するので自家製剤加算の対象になりますが、半割の手数料は一 ...

加算

「外来服薬支援料」の算定要件

2018/3/20  

外来服薬支援料は在宅医療をやってない人で薬がたくさんあり過ぎで自身で管理できずに困っている人を助けるための措置を評価した点数です。超簡単にいうと患者宅にある他で交付された薬を一包化することでとれる点数 ...

加算

麻薬・向精神薬・覚せい剤原料・毒薬加算の算定要件

2018/6/7  

こんにちは、ベテラン調剤薬局事務のジム子です。 今回は「麻薬、向精神薬、覚せい剤原料又は毒薬加算」についてまとめて紹介していきます。これらの点数はレセコンで自動算定なので意識してとることはありません。 ...

加算 平成28年度診療報酬改定

長期投薬情報提供料1と2を廃止しして「かかりつけ薬剤師指導料へ」

2018/4/14  

平成28年調剤報酬改定について追記しました。 残念ながら長期投薬情報提供料は廃止になってしまったようなので下記記載は古い点数の説明です。平成28年4月からは「存在しません」。 長期投薬情報提供料1と2 ...

加算

嚥下困難者用製剤加算の算定要件

2017/9/19  

嚥下困難者に、服用できるように剤形の工夫をして調剤したときに算定できる点数だ。 処方箋の受付1回につき1回80点を算定することができる。 定義 嚥下困難者に係る調剤について、当該患者の心身の特性に応じ ...

計量混合加算

加算 計量混合加算

計量混合加算の算定要件を理解するための13の処方例

2018/6/7  

計量混合加算の算定要件について処方例を交えながら説明していきます。これさえ読んでおけば計量混合加算でもう困ることはありません。 計量混合加算の算定要件 2種以上の薬剤(液剤、散剤若しくは顆粒剤又は軟・ ...

加算 平成28年度診療報酬改定

重複投薬・相互作用防止加算等の算定要件

2018/4/5  

重複投薬・相互作用防止を目的とした疑義照会をした時に算定できる加算です。 ~平成28年の診療報酬改定を追記しました。~ 28年の改定で名前が変わり「等」が追加になりました。 重複投薬・相互作用防止加算 ...

加算

特定薬剤(ハイリスク薬)管理指導加算の算定要件

2018/4/14  

特定薬剤管理指導加算いわゆるハイリスク加算は、 特に安全管理が必要な医薬品として厚生労働大臣が定めたものを調剤して、患者に必要な指導を行なったときに算定できる加算です。 特に安全管理が必要な医薬品とし ...

乳幼児服薬指導加算 加算

乳幼児服薬指導加算はお薬手帳に記載が算定要件

2017/9/19  

乳幼児服薬指導加算は平成24年の診療報酬改定で新設された加算で、 いままでの乳幼児用自家製剤加算と乳幼児用計量混合加算を廃止したかわりに新設された加算だ。 要件 6歳未満の乳幼児に係る調剤に際して必要 ...

加算 自家製剤加算

自家製剤加算の計算方法

2017/9/19  

自家製剤加算は、内服と頓服で、点数がかわる。 また、内服と外用でも点数が変わってくる。 内服薬及び屯服薬 ・錠剤、丸剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤又はエキス剤の内服薬:20点 ・錠剤、丸剤、カプセル剤、 ...

一包化加算 加算 調剤料

一包化加算の調剤料を学ぶ10個の処方例

2017/9/19  

一包化加算と調剤料は相互に影響をすることはなく、 一包化加算を算定している『剤』でも、調剤料が算定できなくなることはないので、 どちらも通常通り算定すればいい。 一包化加算の算定要件を学ぶ10の処方例 ...

スマホを1日5分みるだけで薬局知識をアップデート!

薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません!

医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。

でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。

なんで勉強しないといけないのか?

それは、

次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。

医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。

これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。

たとえば、いま注目されているのは「リフィル処方箋」です。このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか?

つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。

要件に加えられてから焦っても遅いんです。

常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。

そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。もし効率よく薬局情報を収集したいなら「m3.com」を利用するのが1番。

m3.com」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。

通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。

利用するには登録が必要ですが、登録と利用は無料1分もあればできます。

\1分で無料登録/

「m3」詳しくはコチラ

スマホを1日5分みるだけで最新の医療ニュースをまとめてチェック

女性
m3.com」でしか読めない、薬剤師や専門家コラムもたくさんあるよ。コラムには業務ですぐに役立つ情報が満載です。

P.S.

登録すると私の業務改善コラム「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」も読めるからよかったら探してみてください(これが宣伝したかったw)

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.