平成30年度診療報酬改定

「服用薬剤調整支援料」の算定要件【2018年診療報酬改定】

更新日:

薬局における対人業務の評価の充実ってことで、「服用薬剤調整支援料」という点数が新設されました。

薬剤総合評価調整管理料を算定する医療機関と連携して、医薬品の適正使用に係る取組を調剤報酬において評価するための点数です。ちなみに「薬剤総合評価調整管理料」がわからない人は下記の記事をどうぞ。

関連記事薬剤総合評価調整管理料と薬剤総合評価調整加算の算定要件

服用薬剤調整支援料 125点(新設)

算定要件

6種類以上の内服薬(特に規定するものを除く。)が処方されていたものについて、保険薬剤師が文書を用いて提案し、当該患者に調剤する内服薬が2種類以上減少した場合に、月1回に限り所定点数を算定する。

疑義照会の電話でたまたま2種類減ったラッキーというものではなく、文章にしたものを送る必要があるようです。

ここでいう内服薬というのは「頓用薬及び服用を開始して4週間以内の薬剤を除く」ですね。少なくとも1ヶ月は6種類以上継続していて、そこから減らすことが前提ですね。

薬局の提案により薬を減らすことができた病院もそれを評価する点数が算定できます。それが上記のリンクで紹介している「薬剤総合評価調整管理料」です。

おまけ

この「服用薬剤調整支援料」は新設の「地域支援体制加算」にも絡んできているので、ガチで「地域支援体制加算」ととりたい薬局なんかは、この「服用薬剤調整支援料」にも力をいれざるおえない。

関連記事基準調剤加算を廃止し「地域支援体制加算」が新設その算定要件

調剤基本料1を算定しているところは免除されるから、頑張らないといけないのが、集中率が高いチェーン薬局。だから、チェーン薬局の薬剤師さんのノルマはますます重くなるばかりですね。

ただ、これは薬剤師の腕の見せどころだし、社会的意義も大きい、基準やノルマうんぬんにかかわらず頑張って欲しいポイントだとおもう。1種類薬を減らすことができたら、それが今後永続的に続くとしたらその効果は絶大です。6種類以上飲んでるなら、きっとムダな薬もあるでしょ。シナールとか、シナールとか、シナールとか。

上手にお薬を減らすように提案するときのコツは、たぶんこちらに書いてあります。もちろん読んでないので「たぶん」ね。

おすすめ記事薬剤師なら登録するだけで1万円もらえるキャンペーン中の転職サイト

-平成30年度診療報酬改定

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.