調剤薬局事務の資格

調剤薬局事務の資格は3日でとれる?

更新日:

通信講座で調剤薬局事務の資格をとろうと思ったら最低でも2ヶ月は必要です。その資格をたったの3日で取得する方法があるので時間がない人にはオススメです。

方法はいたって単純で通学コースを利用します。

調剤薬局の資格は通学コースを利用すれば最短で3日(15時間)で取得可能なものがあります。

通信講座でダラダラと勉強するよりは、3日間の一点集中で一気に取得するのが性に合っている人もいるはずです。費用は通信とあまりかわりないというか、3日間だけなので通信コースよりも安い

安くて早いオトクな取得方法が通学コースなんです。ただ講座が開校されている場所が限られているので、利用できる人は都市部に限られます。

通信講座と通学の費用はこちらのサイトで比較&資料請求ができます。

医療事務協会の通学コースは3日間(15時間)の受講で講座修了後にそのまま「調剤報酬請求事務技能検定試験」に挑戦し資格を取得することができます。

合格率も90%ちかくあるので合格率も他の通信講座と同じくらいです。

通信のいいとろは自分のペースで自分の空き時間にできることですが通学のいいとろこは要領よく最短コースで必要なことを学べることです。

調剤薬局事務に関しては、通信だと2ヶ月かかるのが、通学だとたったの3日間で取得できるので時間をコストと考えるなら通学コースは圧倒的にコスパが高い。

3日間だけの受講なのでお値段も比較的リーズナブルですね。通信で2ヶ月かけて取るよりも安いです。

なんでそんなに簡単に理解できるの?

調剤薬局事務の資格の勉強で一番理解に時間がかかるのは調剤報酬明細書の作成です。調剤報酬明細書の作成は覚えることはあまないのですがコツをつかむまでに時間がかかります。

逆に、そのコツさえ要領よくつかめば短時間でマスターできます。試験にはテキストが持ち込めるのでコツを覚えれば暗記する必要なく試験を突破することができます。

通信コースだと、教えてくれる人がいないのでテキストを読んで自分でコツをつかむ他ありません。コツをつかむまでにはテキストを何度も読み自分なりに解釈してかみ砕いでようやく取得することができます。

この工程を飛ばして、通学コースでは要領よくポイントを把握することができます。

合格することで履歴書資格欄には「調剤報酬請求事務技能検定試験 合格」と記載でき、調剤事務の資格保有者として認められます。

こんなに短時間でとれる医療系の資格は調剤薬局事務だけ。これが医療事務の資格だと3日で取得なんてできません。

というのも、調剤薬局事務は診療報酬のうち薬剤部分に特化した極めて限定的なものなので覚える範囲がとにかく狭い。

暗記とか勉強とか苦手な人にでもオススメの資格です。

調剤薬局事務に需要はあるの?

数年前から国の政策として、病院で薬をだすのではなく処方箋を発行して調剤薬局へ行ってもらうというのが主流になっています。そのため薬局の数は年々増えており、いまでは全国のコンビニの数よりも多く調剤薬局が存在します。

薬局内の仕事は、薬のことは薬剤師が請負い、調剤報酬明細書の作成は事務員が請負います。調剤報酬明細書の作成は専門的な知識を有するので、薬剤師であっても詳しく把握していないというのが現状です。そのため薬局で調剤報酬明細書の作成ができる事務員はとても重宝されます。

調剤薬局は全国にありますので、ライフスタイルに合わせて勤務地を探すことができます。家族の転勤などの事情で引っ越す場合には、新たな場所での仕事探しも可能です。資格取得後は、自宅から通いやすい範囲で、など各自の希望条件に沿って勤務地を探すといいでしょう。

また、

調剤事務は、一度経験をしておくと、コンピュータ入力の作業や受付業務などの一連の仕事の流れが身につきますので、その後ブランクが空いても戻りやすい仕事と言えます。また、働き方もアルバイト・パートや正社員など選べますので、自分の状況に合わせて働くことができます。

調剤薬局事務に興味があるならこちらのサイトがおすすめです。無料でいろいろなとこの講座をまとめて資料請求できるので便利です。

スマホを1日5分みるだけで薬局知識をアップデート!

薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません!

医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。

でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。

なんで勉強しないといけないのか?

それは、

次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。

医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。

これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。

たとえば、いま注目されているのは「リフィル処方箋」です。このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか?

つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。

要件に加えられてから焦っても遅いんです。

常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。

そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。もし効率よく薬局情報を収集したいなら「m3.com」を利用するのが1番。

m3.com」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。

通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。

利用するには登録が必要ですが、登録と利用は無料1分もあればできます。

\1分で無料登録/

「m3」詳しくはコチラ

スマホを1日5分みるだけで最新の医療ニュースをまとめてチェック

女性
m3.com」でしか読めない、薬剤師や専門家コラムもたくさんあるよ。コラムには業務ですぐに役立つ情報が満載です。

P.S.

登録すると私の業務改善コラム「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」も読めるからよかったら探してみてください(これが宣伝したかったw)

-調剤薬局事務の資格

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.