調剤薬局事務の履歴書

ジム子のプロフィール

調剤薬局事務7年目に突入趣味はブログしかないという寂しい日常をおくっています。美容の専門学校卒業してるのでネイルの資格持ってます。専門学校を卒業後はずっとバイトしていたドラッグストアにそのまま入社することになってネイルは全然やってない。仕事中できないしね。

1年ちょっとドラッグストで働いてからつぎは医療従事者を目指すべく調剤薬局事務に就職。そこからさまざまな調剤薬局を渡り歩きながらリアルな薬局情報を発信。

このブログを始めてからパソコンにハマりHTMLやCSSを独学で勉強して当初はbloggerというブログサービスで運営していましたが2017/09よりwordpressへ引っ越していまにいたります。

調剤薬局事務の質問だけじゃなくblogger・wordpressについての質問、ブログ開設についての質問なんかにもお答えしますので連絡フォームからお声をかけてください。

さりげなんくほしい物リスト公開

経歴

専門を卒業して誰もがしってる大手ドラッグストアに一般職として入社。仕事は楽しいけどビールやら2Lペットボトルやらティッシュやらの品出しで腰を痛めてしまいやむなく退社することに。

ドラッグストアで獲たスキルと称号

・レジ打ち職人
・神速の品だし
・登録販売者

ドラッグストアで働いているときに登録販売者を通信講座で勉強して取得しました。薬局で働いてると取得してよかったとおもうことも多いので調剤薬局事務ではたらくならわりとオススメの資格です。

登録販売者の資格はもっているけど転職するのにスキル&ステータス不足を痛感して通信講座で調剤事務と医療事務を受講しました。調剤事務の認定をとった段階でコンビニでもらったフリーペーパーに乗っていた小さな薬局の求人に応募すると未経験ながらも即採用が決定して、晴れて調剤事務になることができました。

医療事務の受講も同時にしてたんだけど薬局に転職が成功したから、そのまま押し入れに封印。調剤事務のテキストは1冊だけだったけど医療事務のテキストは4冊もあります。お手軽な資格を取りたいなら薬局事務の方がオススメです。

資格の取得を考えてるなら▼こちらのサイトがオススメです。めんどうな資料請求を一括で行えるます。

無料でかんたんにできるから少しでも気になっている方はまずはコチラで資料請求してみるといいです。

調剤事務を選んだ志望動機

なんと言ってもデスクワークだからです。ドラッグストアの品出しで腰を悪くした私にはこれが一番の理由です。

登録販売者をもってたから少しは就職が有利になると思ったからです。登録販売者が良かったのかどうかはわかりませんがファースト面接で一発合格です。

調剤薬局で働くと、身近で薬剤師さんのお薬説明が存分に聞けるので、お薬にはちょっと詳しくなります。ただ薬剤師さんが常駐しているので登録販売者が活躍する場面はない。

医療事務と調剤事務で悩んでる方への現場からアドバイス

給与はどちらも大差ありませんが資格の難易度は間違いなく医療事務の方がむずかしい。

薬局はチェーン展開しているとこが多く大手であれば福利厚生有給夏期休暇社内規定などしっかりとしています。病院は大きな病院以外はどこも医者一人の個人経営が多いですね。医者によってあたりハズレが大きい。

個人経営のところは残業・有給とかの規定があやふやです。これは薬局でも言えるんだけど小さな薬局は個人経営でいろいろテキトーです。薬局業界はM&Aが活発なので小さい薬局はいつ大手に吸収されるかわからない。

もし気難しい医師だと働くことが常にストレスになる。探すなら優しい医師と評判なとこがいいとおもう。

薬局の場合は薬剤師が複数名いるし入れ替わりが激しいので、気むずかしい人が一人くらいいてもあまり気にならない。

給料について

医療事務と薬局事務の給料は決して高くない。

ドラッグストアの店員だったころは残業代いれたら400万くらいだったけど、いまの収入はそれよりも100万くらい少ない。

ドラッグストアは肉体労働だったから、事務作業で肉体を酷使しなくなったから不満はない。医療機関ということで、あまり遅くまで営業してないから仕事が終わったあとに遊びに行くことができる。

肉体労働じゃないからあまり疲れないし残業ないから待遇はホワイトです。

ただ、残業がないということは残業代がないということだからバリバリ残業して稼ぎたいって人にはむいてないと思う。

ちなみに、調剤薬局事務ってほとんど残業代出ないですからね!!調剤薬局を転々としていますがいくら残業しても残業代もらったことないです。

休日取得のしやすさについて

病院の場合
・病院の休診日にあわせて取得することになる。
・多いのが日曜+平日1日休診(木か水)
・どこの病院も夏期休暇とるので夏期休暇は連続した休暇が保証される。
・デメリットは自分では休みを選びづらいこと。

薬局の場合
・薬局は、だいたい週6日営業だから日曜と平日どこか1箇所を指定して休む。
・周りとの兼ね合いがあるが普段からわがままを言っていなければ希望日に休みがとれる。
・夏期休暇は病院に合わせて閉局するとこもあるけど、面からの処方箋が来るから営業するとこも多い。
そうすると交代で夏期休暇とるわけで長期連続休暇が難しいし、皆が休みたがるお盆は休みをとるのは難しい。逆に、旅行好きの人はオフシーズンにとれたりするのでメリットでもある。

客層

病院の場合は、患者が病院を求めてくるから保険証提示や新患アンケートに協力的です。いくら待たされても直接文句を行ってくることはすくない。

薬局の場合は、全然違います。処方箋だされたからしぶしぶ薬をもらいにきます。病院でまたされて、薬局でもまたされ、イライラしてくる人が多い。病院でアンケートと保険証確認をしているので薬局でもまた書くのと嫌な顔をされます。

患者の薬局への対応は病院に比べると冷たい。

経験からくる調剤薬局の面接時に抑えておきたいポイント

  1. 残業代はでるのか?
  2. 残業はあるのか?
  3. 夏季休暇はあるのか?
  4. 有給は取得できるのか?
  5. 昇給精度はあるのか?
  6. 退職金制度はあるのか?
  7. ボーナスはあるのか?
  8. 家賃手当はあるのか?

なんどか面接に携わってきたが金銭面の質問をしてくる人はいない。みんな遠慮して質問しないんだけど、採用が決まった後に条件見てびっくりして愚痴ばっかり言って直ぐにやめてしまう。

金銭条件確認しないと、どうせ直ぐに辞めることになっちゃうから遠慮せずに聞いといた方がいいです。

小さな医療機関って年俸制での採用が多い気がする。うちも年俸制なんだけど、年間いくらって契約になっているから残業代がでません。見込み残業とかも多いです。月に20時間くらいの残業はすでに給料に含まれているから、それを超えるまで出さないよってパターン。

ちなみに知人の医療事務はタイムカードないから社長は残業なんて把握してないっていってます。年間いくらだからボーナスもない。ボーナス分は年俸に入っていると考えた方がいいです。

そんなにいい条件はないんだけど、それでもいまどき残業がなく帰れるってとこは強みだと思う。

①~⑧まで色々とポイント書いたけど、全部は聞けないと思う。今の私が就職する私にアドバイスするなら「残業があるか?」「残業代がでるか?」を優先して確認します。残業代でないとことか働きたくないです。

労働力の不当搾取ですからね。面接時に従業員のタイムカードを見せてもらうくらいのことはしたい。

超高齢化社会の日本で、いまや薬局はコンビニよりもたくさんあるので、あえて残業があるとこを選ばなくても選択肢はコンビニ以上にたくさんある。

私のブログを読んで調剤事務になりたい方へ

あれやこれや考えるよりもとりあえず資料請求がオススメです。パンフレットに調剤薬局の詳しい仕事内容や働き方が紹介されています。いろんなとこがパンフレットだしているので、一括で資料請求できるサイトを使うのがおすすめです。

無料でかんたんにできるから少しでも気になっている方はまずはコチラで資料請求してみるといいです。

薬局はコンビニよりたくさんあります。焦って入社しても後悔します。薬局を探す時はじっくり探してください!!

失敗しない転職がしたいなら

転職したいと考えるたら、まず転職サイトに登録しましょう。

調剤薬局事務の人って経歴に自信がないのか、転職サイトよりもハローワークを頼る傾向にあるけど、遠慮なんか要らないので転職サイトどんどん活用しましょう。

星の数ほど求人があるから調剤薬局事務経験だけの人でもさまざまな選択肢が用意されています。おすすめというか最大手だから登録しとけば間違いないというのが リクナビNEXTです。

何がそんなにいいの?

・求人の「質」と「量」が素晴らしい
・サイトの操作性や使い勝手がいい
・スカウト機能で企業側からオファーが届く
・転職のノウハウが情報などの必要な情報が全て掲載されている

スカウト機能とは自分の職務経歴書や履歴書を登録企業に公開することで、その情報を見た企業側から直接オファーが来る。これが意外と来るんです。直接のオファーなので面接での合格率が格段に高いのが特徴です。登録だけでもしといて損はないと思いますよ。

更新日:

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.