薬剤料

薬剤料の計算方法

更新日:

今回は薬剤料の計算方法を解説していきます。

薬剤料の計算は調剤薬局事務の試験では必修項目だけど、日々の営業で薬剤料を計算するようなシーンはめったにありません。

薬局の会計はなんでもかんでもパソコンが自動計算してくれるので、もうルール忘れかけている人多いのではないでしょうか?

それでもレアなケースで質問されることもあるので、計算しなくてもルールだけは知っとかないといけません。

復習も兼ねて「薬剤料の計算方法」を一から確認しておきましょう。

薬剤料の計算って「薬価×錠数」みたいに単純ならいいんだけど実際は複雑なんですよね。

この複雑なルールがゆえに「薬が1種類減ったのに値段変わんない」なんてこともよくあります。薬剤料の計算だけならパソコンがやってくれるけど「種類が減ったのに値段が変わらない理由」までは教えてくれません。

もし患者に説明をもとめられたら解答できますか?もし回答に自身がないようなら、あらためて薬剤料の計算を復習しておくといいでしょう。この記事を読み終わる頃にはしっかりと回答できる様になっていることでしょう。

スポンサーリンク

厚生労働省が定めたルール

ちょっとむずかしいけど定義の確認です。

計算ルールはのちほど説明しますが、厚生労働省の取り決めはこのようになっているというところを先に見ておきましょう。

使用薬剤料

  • 使用薬剤の薬価が調剤料の所定単位につき15円以下の場合:1点
  • 使用薬剤の薬価が調剤料の所定単位につき15円を超える場合の加算:10円又はその端数を増すごとに1点

調剤報酬点数表の記載より

調剤報酬点数表の記載はいたってシンプルですね。わかりにくいのが「所定単位」という記載です。これは「調剤報酬点数表に関する事項」において、
所定単位とは「1剤」及び「1剤1日分」とすると定められています。

さらに「1剤」というのは「服用時点が同一である薬剤については、投与日数にかかわらず1剤として算定する。」と定められています。

これが原則です。これらを踏まえてわかりやすく薬剤料の計算を解説してきます。

内服薬の薬剤料の計算方法

一連の流れから説明します。

  1. 1調剤の1日薬価を計算する
  2. 1日薬価を五捨五超入し「円」を「点」に変換する
  3. 処方日数を掛ける

この3ステップで求めることができます。そうなるとまず説明しないといけないのが「五捨五超入」です。

五捨五超入(ごしゃごちょうにゅう)とは

「四捨五入」ではなく「五捨五超入」なので聞きなれない言葉ですよね。原則の「15円を超える場合は10円又はその端数を増すごとに1点」この部分をさします。

「円」を「点」に変換するときの考えです。薬価を計算してみると小数点以下があらわれるのですが、調剤報酬の考えに小数点以下は登場しません。薬価の単位は「円」なので「点」に変換するときに小数点以下をまるめて整数にする行為が「五捨五超入」です。

例えば、薬価が26円だったとします。

単純に1点10円でやると2.6点になりますが調剤報酬に小数点以下は登場しないので、小数点以下の0.6は切り上げて「2.6」 → 「3」に変換します。よって薬価26円は3点になります。

この切り上げのルールが「五捨五超入」です。

1.5点までは切り上げ「1」
1.5点をちょっとでも超えたら「2」

つまり1.5000001を五捨五超入すると切り上がって「2」になります。

1調剤の1日薬価を計算する

内服薬において「1調剤」というのは「同じ服薬方法」のまとまりのことです。

処方例
ロキソニン 3錠
ムコスタ 3錠
毎食後(3日分)

これは「毎食後」という同一服用方法なのでロキソニンとムコスタをセットにして「1調剤」とみなします。この1日薬価を所定単位とするのでためしに1日薬価をもとめてみましょう。

薬価
ロキソニン錠60mg:15.9
ムコスタ錠100mg:14.6

15.9×3 + 14.6×3 = 91.5円

よって所定単位あたりの薬価は91.5円になります。

これを五捨五超入して点数に変換します。

「91.5÷10 = 9.15点」でこれを五捨五超入して「9点」です。

1日薬価に処方日数を掛ける

1日の薬価が計算できたら処方日数倍してあげます。処方例では3日分になります。

1日薬価9点 × 3日分 = 薬剤料27点

ハイ、できあがり。くれぐれも間違えないでほしいのが「1日薬価 → 五捨五超入 → 日数倍」ってステップです。これが一部逆転して「1日薬価 → 日数倍 → 五捨五超入」になるとまた違う答えになってしまいます。あくまでも1日薬価をベースに考えることをおわすれなく。

注意(15円以下の薬剤料)

極端に点数の低いものは1点とします。1日薬価が0.5点以下だと五捨五超入してしまうと0点になってしまいます。このときは1点として数えます。

ちなみに0.51点~1.5点を五捨五超入した場合も1点になるので総合すると、薬価が15円(1.5点)以下のものは一律1点になります。

1種類減っても安くならないのは「なぜ?」

次の処方の薬剤料を計算してみましょう。

処方例
ムコダイン500 1T
ムコソルバン 1T
ポララミン 1T
朝食後 5日分

1錠あたりの薬価は「ムコダイン16.8円・ムコソルバン20.2円・ポララミン5.6円」です。

よって1日分の薬価は「42.6円(4.26点)」になり、これを五捨五超入すると1日あたり「4点」になります。

次に、ポララミンがなくなった時の処方で計算してみよう。

処方例
ムコダイン500 1T
ムコソルバン 1T
朝食後 5日分

1日に分の薬価は「37.0円(3.7点)」なので五捨五超入すると1日あたり「4点」になります。

何がいいたいかというとポララミンがあってもなくても同じ「4点」なので1種類へったとしても会計はおなじということがいえます。

つまり、極端に安い医薬品の増減は「会計に影響を与えないことがある」ということがお分かりいただけたでしょうか。

いつもおんなじ薬を使っている人が「1種類減っても薬代がが変わらないのはなぜなのか?」という質問への回答はこの一連の流れを示してあげることになります。バイアスピリン錠100mg:5.6とは削除になっても会計がかわらないことがおおいですね。

ご高齢の方だと、パソコンの方が間違っていると、パソコンのせいにされることもあるので、主導でも計算できるようにしとくのが大事です。

外用薬の薬剤料の計算方法

外用剤は処方箋に総量が記載されているので「薬価×総量」を五捨五超入するだけです。

関連記事外用薬の調剤料完全解説

処方例
ボルタレンゲル 50g
肘に塗布

外用薬は「日数」の概念がないので処方箋に全量記載するルールになっています。

薬価:8.1円/g × 50g = 405円

40.5を五捨五超入して「41点」です。

頓服薬の薬剤料

頓服薬の処方箋には1回量と処方回数と服用タイミングが記載されてます。

関連記事頓服薬の調剤料完全解説

薬価を計算するときは薬価×総量を五捨五超入するだけです。

処方例
ロキソニン錠 2錠
疼痛時 10回分

こちらの処方の意味は、疼痛時(痛い時)に1回ロキソニン錠を2錠服用すること。

2錠×10回分なので合計20錠を患者にお渡しします。

ロキソニン錠の薬価:1錠18.6円であることから、

2錠 × 10回 × 18.6円 = 372円

372円を五捨五超入して370円(37点)です。

くれぐれも薬価×1回量を五捨五超入してから回数をかけないように注意してくださいね。

調剤薬局事務の勉強をするなら

もっと詳しく調剤報酬を勉強したいなら資格にチャレンジしてみてはどうでしょうか。もちろん私は調剤薬局事務の資格を取得ししています。

こちらのサイトを利用すると費用比較・講座比較が簡単にできて、資料がほしければ無料でまとめて請求できます。

>>調剤事務の情報|資格取得ならBrushUP学び

調剤薬局事務の資格に興味がある方にオススメのサイトですね。

-薬剤料

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.