ジェネリック

オーソライズドジェネリック(AG)に変更するといくら安くなるのか一覧表まとめ

更新日:

オーソライズドジェネリックを推進しまくってるんだけど、ジェネリックに変更してもらうとき説得力を持たせるために「いくら安くなるのか?」説明する必要があります。

その一覧表を準備しました。

そろそろオーソライズドジェネリックの品目も把握できなくなってきた頃かと思います。ネットで調べてもいい一覧表って出てこないんですよね。自分の記事が一番に出てきてしまう始末です。あとはパクリブロガーの記事ですね。

ということで薬価を根気よく1つずつ調べて作りました。もう途方もない作業ですよね(笑)

オーソライズドジェネリック一覧表(2017/11/05更新)

先発品 後発品 先発薬価 後発薬価 薬価差 30錠の薬価差 3割負担 1割負担
アレグラ錠30mg フェキソフェナジン塩酸塩錠30mg「SANIK」 51.1 26.7 24.4 732 220 73
アレグラ錠60mg フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg「SANIK」 64.9 34.4 30.5 915 275 92
イミグラン錠50mg スマトリプタン錠50mg「アスペン」 763.9 329.8 434.1 13023 3907 1302
エカード配合錠HD カデチア配合錠HD「アスカ」 128.3 64.2 64.1 1923 577 192
エカード配合錠LD カデチア配合錠LD「アスカ」 67.3 33.7 33.6 1008 302 101
エックスフォージ配合錠 アムバロ配合錠「サンド」 105.5 43.7 61.8 1854 556 185
オルメテックOD錠10mg オルメサルタンOD錠10mg「DSEP」 59.3 29.6 29.7 891 267 89
オルメテックOD錠20mg オルメサルタンOD錠20mg「DSEP」 112.8 56.4 56.4 1692 508 169
オルメテックOD錠40mg オルメサルタンOD錠40mg「DSEP」 171.5 84.6 86.9 2607 782 261
オルメテックOD錠5mg オルメサルタンOD錠5mg「DSEP」 31.5 15.6 15.9 477 143 48
キプレス錠10mg モンテルカスト錠10mg「KM」 203.5 101.8 101.7 3051 915 305
キプレス錠5mg モンテルカスト錠5mg「KM」 153.8 76.8 77 2310 693 231
クラビット細粒10% レボフロキサシン細粒10%「DSEP」 108 60.3 47.7 1431 429 143
クラビット錠250mg レボフロキサシン錠250mg「DSEP」 234.2 94.4 139.8 4194 1258 419
クラビット錠500mg レボフロキサシン錠500mg「DSEP」 415.7 169.9 245.8 7374 2212 737
クレストール錠2.5mg ロスバスタチン錠2.5mg「DSEP」 63.1 31.6 31.5 945 284 95
クレストール錠5mg ロスバスタチン錠5mg「DSEP」 121.3 60.7 60.6 1818 545 182
コディオ配合錠EX バルヒディオ配合錠EX「サンド」 107.7 53.9 53.8 1614 484 161
コディオ配合錠MD バルヒディオ配合錠MD「サンド」 106.5 53.3 53.2 1596 479 160
シングレア錠10mg モンテルカスト錠10mg「KM」 203.5 101.8 101.7 3051 915 305
シングレア錠5mg モンテルカスト錠5mg「KM」 153.2 76.8 76.4 2292 688 229
ティーエスワン配合OD錠T20 エスエーワン配合OD錠T20 564.7 279.6 285.1 8553 2566 855
ティーエスワン配合OD錠T25 エスワンタイホウ配合OD錠T25 680.6 372.5 308.1 9243 2773 924
ディオバン錠160mg バルサルタン錠160mg「サンド」 194.1 53.1 141 4230 1269 423
ディオバン錠20mg バルサルタン錠20mg「サンド」 29.6 11.4 18.2 546 164 55
ディオバン錠40mg バルサルタン錠40mg「サンド」 53.5 21.1 32.4 972 292 97
ディオバン錠80mg バルサルタン錠80mg「サンド」 99.6 39.6 60 1800 540 180
ディナゲストOD錠1mg ジエノゲストOD錠1mg「モチダ」 475.5 198.1 277.4 8322 2497 832
ディナゲスト錠1mg ジエノゲスト錠1mg「モチダ」 475.5 198.1 277.4 8322 2497 832
パキシル錠10mg パロキセチン錠10mg「アスペン」 92.3 37.9 54.4 1632 490 163
パキシル錠20mg パロキセチン錠20mg「アスペン」 160.7 45.9 114.8 3444 1033 344
パキシル錠5mg パロキセチン錠5mg「アスペン」 52.6 13.5 39.1 1173 352 117
バルトレックス錠500 バラシクロビル錠500mg「アスペン」 405.6 188.8 216.8 6504 1951 650
バルトレックス顆粒50% バラシクロビル顆粒50%「アスペン」 422.1 240.6 181.5 5445 1634 545
プラビックス錠25mg クロピドグレル錠25mg「SANIK」 80.3 36.4 43.9 1317 395 132
プラビックス錠75mg クロピドグレル錠75mg「SANIK」 201.2 90.9 110.3 3309 993 331
ブロプレス錠12 カンデサルタン錠12mg「アスカ」 193.6 82.7 110.9 3327 998 333
ブロプレス錠2 カンデサルタン錠2mg「アスカ」 35 18.6 16.4 492 148 49
ブロプレス錠4 カンデサルタン錠4mg「アスカ」 65 36.1 28.9 867 260 87
ブロプレス錠8 カンデサルタン錠8mg「アスカ」 126.3 70.1 56.2 1686 506 169
ミカムロ配合錠AP テラムロ配合錠AP「DSEP」 117.4 58.7 58.7 1761 528 176
ミカムロ配合錠BP テラムロ配合錠BP「DSEP」 178.1 89.1 89 2670 801 267
ミカルディス錠20mg テルミサルタン錠20mg「DSEP」 60.9 24.4 36.5 1095 329 110
ミカルディス錠40mg テルミサルタン錠40mg「DSEP」 115 46 69 2070 621 207
ミカルディス錠80mg テルミサルタン錠80mg「DSEP」 174.8 69 105.8 3174 952 317
ミコンビ配合錠AP テルチア配合錠AP「DSEP」 122.3 61.2 61.1 1833 550 183
ミコンビ配合錠BP テルチア配合錠BP「DSEP」 178.9 89.5 89.4 2682 805 268
ムコスタ錠100mg レバミピド錠100mg「オーツカ」 14.6 9.9 4.7 141 42 14
メイアクトMS錠100mg セフジトレンピボキシル錠100mg「OK」 50.6 35.3 15.3 459 138 46
ユーゼル錠25mg ホリナート錠25mg「タイホウ」 2264.9 925.6 1339.3 40179 12054 4018
ユニシア配合錠HD カムシア配合錠HD「アスカ」 125.6 62.1 63.5 1905 572 191
ユニシア配合錠LD カムシア配合錠LD「アスカ」 125.6 62.1 63.5 1905 572 191
ロイコボリン錠25mg ホリナート錠25mg「タイホウ」 2229.8 925.6 1304.2 39126 11738 3913
アイミクス配合錠HD イルアミクス配合錠HD 148.6 未定
アイミクス配合錠LD イルアミクス配合錠LD 128.2 未定
アバプロ錠100mg イルベサルタン錠100mg「DSPB」 112.7 未定
アバプロ錠200mg イルベサルタン錠200mg「DSPB」 173.2 未定
アバプロ錠50mg イルベサルタン錠50mg「DSPB」 59.1 未定
イルベタン錠100mg イルベサルタン錠100mg「DSPB」 111.9 未定
イルベタン錠200mg イルベサルタン錠200mg「DSPB」 170.8 未定
イルベタン錠50mg イルベサルタン錠50mg「DSPB」 58.8 未定
グレースビット錠50mg シタフロキサシン錠50mg 216.7 未定
コソプト配合点眼液 ドルモロール配合点眼液「SEC」 599.8 未定
スタレボ配合錠L100 エカレボ配合錠L100 209.7 未定
スタレボ配合錠L50 エカレボ配合錠L50 209.7 未定
タリオンOD錠10mg ベポタスチンベシル酸塩OD錠10mg「タナベ」 46.4 未定
タリオンOD錠5mg ベポタスチンベシル酸塩OD錠5mg「タナベ」 38.3 未定
タリオン錠10mg ベポタスチンベシル酸塩10mg「タナベ」 46.4 未定
タリオン錠5mg ベポタスチンベシル酸塩5mg「タナベ」 38.3 未定
トライコア錠53.3mg フェノフィブラート錠53.3mg「武田テバ」 28.4 未定
トライコア錠80mg フェノフィブラート錠80mg「武田テバ」 36.9 未定
トラバタンズ点眼液0.004% トラボプロスト点眼液「サンド」 1007.6 未定
ナゾネックス点鼻液50μg112噴霧用 モメタゾン点鼻液「杏林」112噴霧用 3832.5 未定
ナゾネックス点鼻液50μg56噴霧用 モメタゾン点鼻液「杏林」56噴霧用 1912.3 未定
メイアクトMS小児用細粒10% セフジトレンピボキシル小児用細粒10%「OK」 189.1 未定
リピディル錠53.3mg フェノフィブラート錠53.3mg「武田テバ」 28.4 未定
リピディル錠80mg フェノフィブラート錠80mg「武田テバ」 37 未定
レザルタス配合錠HD オルアゼ配合錠HD 138.3 未定
レザルタス配合錠LD オルアゼ配合錠LD 74.4 未定

1錠ぶんだとピンとこないので一ヶ月分として30錠の薬価差を計算しています。1日1錠のまない薬もあるし、30錠処方されない薬もあるけど、そこはご愛嬌で。自己負担割合の目安として30%と10%の値も一緒に乗せています。最近は20%の人もけっこういるけどね。

ちなみに薬剤料の計算は、ちょっと複雑なので薬価差の30%がそのまま安くなるわけではありません。概ねこれくらいという目安にして下さい。

薬価は「剤」の単位でまとめて1日薬価を計算して、5捨5超入にして点数にしたあとに3割にして四捨五入する。もう、わけわかんないでしょ(笑)

薬剤料の詳細な計算はこちらの記事でどうぞ。

>>薬剤料の計算方法

オーソライズドジェネリックと一般的なジェネリックとの違い

先発品の特許権が切れると、他のメーカーは同じ成分の薬を安く製造販売することができます。でも、有効成分は同じといっても添加剤や原薬の調達先が違ったりします。

だから100%同じではないんです。有効成分は特許がきれたからつかえるけど、添加剤を含めて全てのレシピを公開しているわけではないので完全一致の同じものは作れないんです。

それでも完全一致の同じものをつくる手段があって、先発品メーカーの許諾をうけて作らせてもらうんです。だいたいは、子会社や関連会社なんだけど、まったく関係のない会社が高いライセンス料を支払って作らせてもらう場合もあります。

先発品はAGにシェアを奪われてしまいますが、その分ライセンス料でカバーされます。

先発メーカーが協力してくれたら同じものを作ることができますよね。この先発メーカーが公認してくれたジェネリック医薬品を「オーソライズドジェネリック」と呼びます。

オーソライズド・ジェネリック(AG)は「許諾を受けたジェネリック医薬品」という意味ですね。

先発品の指導を受けたとか言うけど、実際は、同じ工場で同じものつくって最後の錠剤の刻印だけ変えるだけです。中には工場違うとこもあるみたいだけど、ほぼ工場も同じですね。

有効成分、原薬、添加物、製法、工場」が同じで価格だけが安くなります。変更するデメリットは名前がかわってしまうくらいです。

ジェネリック嫌いの人でもこれなら使うって人は多いからジェネリックの置換率をあげるための最終兵器ですね。ただ値段設定がだいぶ強気だから他の後発品と比べて納入価が高い。

先発品との比較 オーソライズドジェネリック ジェネリック全般
有効成分 同じ 同じ
原薬 同じ 異なる場合がある
添加物 同じ 異なる場合がある
製法 同じ 異なる場合がある
製造工場 同じ* 異なる場合がある
形状・色・味 同じ 異なる場合がある
薬価(新発売時) 4~5割 4~5割

*稀に違う場合あり

オーソライズドジェネリックのメーカーなどの詳細はこちらの記事でどうぞ。

>>オーソライズドジェネリック(AG)の一覧表

オーソライズドジェネリックを推奨するために一覧表を待合室に掲示してもいいのか?

AGに変更することによって患者のデメリットはほぼないのでどんどん推奨されるべきものだとおもうのですが、知ってる人すくないですよね。これからどんどん啓蒙していく必要があります。

オーソライズドジェネリックであればジェネリック嫌いの人でも変更してくれるはずです。ということで、いくら安くなるかを啓蒙するためのポスターをつくって待合室に張り出したらどうだろうか?という案はどうでしょうか。

これねぇ、ダメなんです

何がダメかというと、医療用医薬品って広告規制があるんです。薬品名をださないでオーソライズドジェネリックについての説明やパンフレットなら大丈夫なので第一三共エスファさんが配ってますよね。

でも、品目がわからなければインパクトに欠けますよね。

医療用医薬品の製品名の広告規制って何の法律が根拠になるのかな?

医薬品といえば薬事法だと思うんだけど、今回の件は薬事法で規制しているわけではないんです。ちなみに、薬事法の広告規制の条文も載せとく。

薬事法
第六十六条(誇大広告等)
第六十七条(特定疾病用の医薬品及び再生医療等製品の広告の制限)
第六十八条 (承認前の医薬品、医療機器及び再生医療等製品の広告の禁止)

薬事法の広告関連はこの3条文なんだけど、内容を引用すると長くなるからタイトルだけね。詳しくはググってみてください。

つまり、薬事法で処方薬の広告規制は「がんその他の特定疾病に使用される医薬品」だけってことです。

これってホントに一部だけでしょ?

では、なんの法律で医療用医薬品(処方箋薬)の一般消費者への広告を規制しているのか?

実はね、規制する法律はないんです。その代わり行政通知が出てますね。

医薬品等適正広告基準(昭和55年10月9日薬発第1339号厚生省薬務局長通知)

~抜粋~
医療用医薬品等の広告の制限
(1)医師若しくは歯科医師が自ら使用し、又はこれらの者の処方せん若しくは指示によって使用することを目的として供給される医薬品については、医薬関係者以外の一般人を対象とする広告は行わないものとする。

つまり、一般消費者に対する医薬品の広告は、行政指導によって制限されているだけです。薬品名を提示するだけでもアウトなんです。

関連記事オーソライズドジェネリックを採用するデメリット

-ジェネリック

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.