調剤料

一つのサイトで最新の「新薬・行政情報・臨床情報」がチェックできるオススメの情報サイト紹介▼

新人薬剤師の勉強
薬局の勉強に超オススメのサイト

調剤料

内服薬の調剤料を学ぶ23の処方例

2018/6/7  

こんにちは、ベテラン調剤薬局事務のジム子です。 今回は内服薬の調剤料について解説していきます。調剤報酬点数表の中でもっとも重要な点数なので、しっかりマスターしておく必要があります かなり長くなるけど、 ...

調剤料

頓服薬の調剤料完全解説

2018/6/13  

こんにちは、ベテラン調剤薬局事務のジム子です。 今回は、頓服薬の調剤料についてまとめていきたいとおもいます。外用薬や内服薬は過去記事にまとめてあるので、そっちを読んでからの方がわかりやすいと思います。 ...

調剤料

外用薬の調剤料を学ぶ11の処方例

2018/6/7  

内服薬の調剤料についてはガッツリまとめたのに外用薬の調剤料については全然まとめてなかったので復習がてらまとめていきます。 意識高い系パクりブロガーに負けないようにガンバるよ―。意識高いのにパクるって意 ...

調剤料

内服用滴剤の調剤料を10分で理解できる3つの処方例

2018/4/10  

こんにには。ベテラン調剤薬局事務のジム子です。 今回は、内服用滴剤の調剤料について解説していきます。「内服用滴剤の調剤料」だとながくて呼びづらいので、薬局内では「内滴調剤料」と省略して呼んでいます。 ...

調剤料

浸煎薬・湯薬の調剤料と算定要件

2017/9/19  

いわゆる漢方薬局ってとこだと算定することがあるかもしれないが、ほとんどの薬局はこの点数を算定したことないはずです。 生薬の抽出やパッキングを評価する点数なんだけど、いまは漢方薬がエキス顆粒といって抽出 ...

調剤料

漸減処方の内服調剤料の算定方法

2017/11/23  

今回は入力でもっとも間違えやすい漸減処方について説明します。漸減っていうのは、徐々に減らすって意味で、漸増はその逆だから、徐々に増やすの意味です。 読み方は、漸減(ぜんげん)、漸増(ぜんぞう)です。 ...

調剤料

オテズラ錠スターターパックの入力方法

2018/1/26  

最近、調剤薬局事務の記事が減ってきているので、ひさしぶりに調剤料について説明していきたいと思う。 ちょっと特殊な入力の薬が発売されるみたいなので、そちらを例に説明します。 それがオテズラス錠スターター ...

調剤料

アフタッチ錠、アフタシール、アズノールST錠、含嗽用ハチアズレの入力と調剤料

2017/9/19  

初心にかえって調剤料と入力のお話。 今回のケースは以前に説明したSPトローチと同じパターンですね。 関連記事SPトローチの調剤料と入力 名前は錠剤だけど、内服薬ではなく外用薬として取り扱う薬たちです。 ...

自家製剤加算 調剤料

クラバモックスの調剤料と自家製剤加算

2017/9/19  

クラバモックスは自家製剤加算とれるんじゃないかって議論があったので、 こちらで考察していきたいと思う。 自家製剤加算がとれるのは、錠剤→粉砕して散剤にしたり、カプセルを脱カプセルして散剤にしたり、剤形 ...

調剤料

SPトローチの調剤料と入力

2017/9/21  

今回はトローチ剤の入力方法を解説します。 解説するほど難解ではないんだけど、 テキストとかでも解説してたのでこちらのサイトでも説明したいと思います。 処方例 SPトローチ  24錠 1日4回 ちょっと ...

調剤料

フロリードゲル経口用の入力と調剤料

2017/9/19  

このフロリードゲル経口用ってのは不思議な薬で、チューブの塗り薬なんですが用法が内服薬なのです。 なぜ内服薬で入力するのか? 使い方を見てみれば分かるので入力の前に使い方を見て行きましょう。 フロリード ...

調剤料

シダトレン舌下液の処方箋の書き方と入力方法

2018/4/10  

いま注目の花粉症の薬シダトレン舌下液が発売されましたが、いかんせん特殊な薬なので、入力方法や処方箋の書き方はどうなるのでしょうか? シダトレン舌下液とは スギ花粉成分が入ったスプレータイプの薬で、スギ ...

スマホを1日5分みるだけで薬局知識をアップデート!

薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません!

医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。

でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。

なんで勉強しないといけないのか?

それは、

次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。

医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。

これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。

たとえば、いま注目されているのは「リフィル処方箋」です。このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか?

つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。

要件に加えられてから焦っても遅いんです。

常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。

そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。もし効率よく薬局情報を収集したいなら「m3.com」を利用するのが1番。

m3.com」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。

通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。

利用するには登録が必要ですが、登録と利用は無料1分もあればできます。

\1分で無料登録/

「m3」詳しくはコチラ

スマホを1日5分みるだけで最新の医療ニュースをまとめてチェック

女性
m3.com」でしか読めない、薬剤師や専門家コラムもたくさんあるよ。コラムには業務ですぐに役立つ情報が満載です。

P.S.

登録すると私の業務改善コラム「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」も読めるからよかったら探してみてください(これが宣伝したかったw)

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.