レセプト注意点

薬歴とレセコンを総入れ替えしたから現場がカオス

更新日:

レセコンって1回買ったらずっと面倒見てくれるものだとおもってたらそうでもないんですよね。

保守が切れたあとに更新すると保守代がぐーんとアップします。しかも、PCがウィンドウズXPと古いままなので保守だけ更新しても意味がない。

プリンターなどの周辺機器もガタがきているので買い替えが必要です。

ということで、保守が切れた段階でレセコンの再購入の検討をするわけです。レセコン代はPCや周辺機器一式で200~300万円です。これが5年くらいでつかえなくなるとは、薬局オーナーも大変ですよね。

普通は、同じレセコンを継続して使用するのですが、レセコン会社って見積もりとってみると価格が全然ちがうのです。

ということで、

かねてより不評だったレセコン&薬歴を違う会社へと総入れ替えすることになりました。

レセコンのシステムの引き継ぎ上、H28年度の調剤報酬改定のタイミング4月1日から変更するのがベストという話でした。

だから、3/31の営業時間終了後にパソコンやプリンターなど総入れ替えです。すべて業者がやってくれましたが営業終了後に作業時間5時間です。そして、4月1日から新制度&新システムで営業スタートです。

ただでさえ、改定で混乱しているのにレセコン一式全部違うものとか、まじかんべんですよね。

さてさて、

レセコンを変更するというのは前代未聞なわけですが、データの引き継ぎはどの程度できているのでしょうか?

まぁ、これはどのレセコンからレセコンに変更するかで対応はかわってくるかと思いますが、今回は偶然にも完全移行ができました。

完全移行というのは、患者アンケート情報処方データ薬歴データ在庫情報といった業務する上で必要なデータすべて移行できました。

ちょっとまえまでの技術だと薬歴データの移行が難しかったようなのですが、薬歴も完全移行して移行後のPCですべての薬歴や処方データが確認できるようになっています。

だから、旧PCを見ながら投薬作業というめんどうなことにはなりません。

そもそも、この完全移行可能という条件があってのレセコン買い替えなのです。

もし、現状のレセコン&薬歴に不満があれば、次回メーカー変更なんてのはありだとおもいます。

レセコン移行でてこずってること

上記で処方データ完全移行と書いてしまいましたが、ちょっとだけ移行されない期間があります。

それはデータを抜き取ってから移行するまでの期間です。

抜き取ってから新しいPCへ移行するのにそれそうおうの時間がかかるのです。だから3/31に抜き取ってすぐに4/1からつかえるということはありません。

1週間前くらいに抜き取って準備が必要なのです。1週間前のデータを新PCに突っ込んで4/1から使えるようにします。だから1週間分は移行されない期間が発生するのです。

1週間分だけであってもデータが欠落するのは困りますよね。実際いま困ってます。そこで、どうするかというと、移行されなかった期間分を1から処方入力します。

つまり、1週間分の処方箋の入力をしなくてはならないのです。1日で終わるわけないので数日にわけながら行いますが、もうこれがホント大変。

そもそも入力が全然違うから普段の業務で手一杯なのにこのプラスαは辛い。

その他細かな困難
・オンライン発注がうまくいかない。各卸にオンライン請求のコード再登録が必要だからしばらくオンライン発注ストップ
・長期患者の発注チェックができなくなったので欠品相次ぐ
・メールアドレス帳写し忘れて全削除
・インターネットブラウザのお気に入りも写し忘れて全削除

こんな感じ。

いまのところ大きな問題は起きてないので入力さえ終われば通常業務に戻れそうです。

2日ぶんおわったからあと5日ぶん入力すれば終わり!!

倍の量の処方箋を入力してるから目がチカチカして、家に帰ってからブログ更新する気になれません。これ終わったらまたブログ再開します。

スマホを1日5分みるだけで薬局知識をアップデート!

薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません!

医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。

でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。

なんで勉強しないといけないのか?

それは、

次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。

医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。

これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。

たとえば、いま注目されているのは「リフィル処方箋」です。このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか?

つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。

要件に加えられてから焦っても遅いんです。

常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。

そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。もし効率よく薬局情報を収集したいなら「m3.com」を利用するのが1番。

m3.com」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。

通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。

利用するには登録が必要ですが、登録と利用は無料1分もあればできます。

\1分で無料登録/

「m3」詳しくはコチラ

スマホを1日5分みるだけで最新の医療ニュースをまとめてチェック

女性
m3.com」でしか読めない、薬剤師や専門家コラムもたくさんあるよ。コラムには業務ですぐに役立つ情報が満載です。

P.S.

登録すると私の業務改善コラム「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」も読めるからよかったら探してみてください(これが宣伝したかったw)

-レセプト注意点

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.