市販薬

市販の水虫薬が効かないのはなぜなのか?

更新日:

市販の水虫薬には医療用の薬と同じ成分で含有量もかわらないものがたくさんある。

病院でもらう水虫薬と同じ市販薬はあるのか?病院でもらう水虫薬と同じ市販薬はあるのか?

もし、成分も含有量も同じであれば市販品であっても病院でもらうものに引けを取らないはずですよね。それなのに、

市販薬で水虫が治らないのはなぜなのでしょうか?

その理由はとても簡単ですね。まず塗り方が行けないんです。

塗る量が足りないんです。そして継続が足りないんです。

水虫の薬1本買って満足していませんか?

高いから1本買って満足しがちですよね?

でも、どんな皮膚科の名医だって塗り薬1本(10g)だけでは水虫を治療することはできません。たとえ医療用の効きのよい薬を使ったとしても1本だけで治療はできません。

なのに、市販薬1本塗って治療終了するとおもってないですか?もしくは1本塗って効かないからやめてしまっていませんか?

前提として、1本塗ったところで効き目が実感できないのは当たり前です。1本を使用した期間程度ではまだまだ効き目は実感できないです。

私がおもうに、水虫を完治させるためには最低限10本(100g)は必要だとおもいます

というのも、

水虫治療はだいたい1ヶ月ぬり。症状がほとんどなくなったとして、そこから更に深部に潜んでいる水虫まで完全に除去するため症状がなくても1ヶ月つかいます。

塗り薬の塗る量の目安としては1日1回両足の裏にまんべんなく塗ったとして1本で10日分です。

市販の水虫薬の多くは1本10gなので、もし、本気で治したいなら1本ずつ購入したとしたら10日に1回買い物に行かなければならない。

もし途中でめんどくさくなって買いに行くのをやめてしまったらそれで治療失敗です。途中で辞めたらいずれ再発してしまいます。

1ヶ月で症状がなくなったとしたら、それは比較的軽度な水虫の場合です。とても順調に薬が効いてきた場合ですね。

人によっては2ヶ月、3ヶ月とかかります。それにくわえて、症状がなくなってからも+1ヶ月塗ります。

もし治療に3ヶ月程度かかったとしたら必要な水虫薬は9本です。治療が長引くようであれば、さらに、ひと月ごとに3本ずつ追加していってください。

まず本気で市販薬で水虫治療に取り組むなら事前にどれくらい費用がかかるのか知っておこう。

市販薬で水虫治療をするときにかかる費用(3ヶ月ぶん)

例えばラミシールプラスクリームを使用したとしよう。

ラミシールプラスクリーム

1本10gでだいたい2200円です。100gで22000円ですね。

2万円の出費を覚悟しとかないと治療できないってことになります。たぶんなんだけど、皮膚科を受診して治療したほうが安くつくと思う。*3割負担の場合

続いて、ブテナロックVαクリームを使用したとしよう。

ブテナロックVαクリーム

1本15gでだいたい2200円です。さっきのラミシールプラスよりも1.5倍の用量で同じ値段ですね。さっき比較した100gだったら14700円ですね。

こちらの方が安くつきそうです。ちなみに、医療用薬のメンタックスクリームボレークリームと同じブテナフィンをが1%配合されています。

続いては、アスタットと同じ成分であるラノコナゾール配合のピロエースZクリームをみてみる。

ピロエースZクリーム

1本15gで2200円くらいです。ブテナロックと同じ量でだいたい同じ値段です。またラミシールの1.5倍の用量があります。

これも計算してみると100gで14700円です。

なぜかウィンダムクリームが製造中止になってしまい、こちらはウィンダムクリームと同じラノコナゾール配合のぬり薬です。ラノコナゾールは医療用のアスタットクリームに使われているものですね。

さて、こうしてみるとラミシールプラスクリームがちょっと高いですね。できれば安い方を使いたいけど、どれが一番効くのかは断言できないので、ドラッグストアの薬剤師に相談してみるといいでしょう。

おすすめの水虫薬の選び方

水虫薬は思っていた以上に高いことがわかりましたね。だから、水虫薬に関しは積極的にPB商品を使用するといいと思う。テルビナフィンの商品なんか倍の量で、さらに値段も半値近いものがある。

関連記事プライベートブランド(PB)とジェネリックの違い

たくさん使うものなので大容量品があれば積極的に取り入れていくといいとおもいます。

プライベートブランド商品(PB品)は大手のドラッグストアなら積極的に販売している。自社で企画販売したオリジナルブランド品のことでCMを打たないぶん知名度が低いんだけど、その分、低コストなので価格でアピールすることができます。

水虫薬に関しては価格差が大きく、また長期に使用するので特にオススメである。

10日に1回水虫薬だけ買いに行くの大変じゃないですか?

もし、わたしなら本当に治療に専念しようと思うったら1ヶ月ぶんまとめ買いします。 もっとも大切なことは継続することだから、先に投資してしまえばあとに引けなくなるって寸法。

でもでもでも、いろいろ書いたけどなんだかんだ数ヶ月も自分だけを信じて塗り続けるって難しいと思います。効き目が実感出来てるならいいけど、分からないまま数ヶ月はたぶん耐えられないと思う。理論としてはわかっていていも多分実践するのは難しい。

そして、20000円以上投資して治んなかったらイヤだから、やっぱ最初から皮膚科行きますね。

本気で水虫を治したいなら

本気で治したいなら薬を塗るだけじゃなくって普段から雑菌が繁殖しない環境を作ることが大切です。とくにブーツやくつの湿気対策が重要。

湿気は水虫菌を増殖させるだけでなく、さまざまな雑菌も増殖しやすい環境なのでニオイの原因にもなります。だから、水虫対策するということは同時にニオイ対策にもなります。

湿気対策で一番効果的なのは、1日に数回こまめにくつ下や中敷きやストッキングを取り替えることです。靴下や中敷きを取り替えると靴の中の湿気が一度リセットされます。

ただ、一日に何度も取り替えるというのは現実的じゃないので、それにかわる私の愛用のひとしなを紹介したいと思う。ちょっと高級なインソール菌ピタ君です。

菌ピタ君

活性炭の力で湿気を強力に吸着する上に効き目は半永久的につづきます。



日干しすることで機能が復活して繰り返し使えるので初期費用はちょっと高いけど結果的にはとてもエコな商品です。足のニオイや水虫が気になる方に!!

>>【菌ピタ君】公式サイトはコチラ

-市販薬

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.