調剤料

液剤とドライシロップ剤が一緒に処方されたときの内服調剤料

更新日:

内服調剤料について第3弾です。

お薬にはいろいろな剤形があるので、シロップと粉薬と錠剤が一緒に処方された時の注意点です。

処方例1

ムコダインシロップ 6ml
毎食後   10日分

メイアクト細粒  1.0g
毎食後   10日分

さて、同じ毎食後で同じ日数ですが、調剤料はいくつ算定できるでしょうか?

この場合は、2剤として、2個の内服調剤量を算定できます。

内服薬は同じ用法の場合はまとめることになっていますが、

ここでポイントなのが、粉薬とシロップということです。

実は、液剤は別剤と認められ、飲み方が同じであってもそれぞれ内服調剤料を算定できます。

もし処方箋が、

ムコダインシロップ 6ml
メイアクト細粒  1.0g
毎食後   10日分

上記のようになっていたとして、そのままパソコンに入力すると、1剤になってしまうので、

調剤料をとりっぱぐれてしまうので注意が必要です。

次の場合はどうでしょうか?

処方例2

PL顆粒 3.0g
毎食後  10日分

ムコダイン錠 3錠
毎食後  10日分

粉薬と錠剤の組み合わせです。

この場合は、調剤料は1剤しか算定できません。

粉薬は、カプセルや錠剤と同じ、固形剤という括りになり別剤形とは認められません。

粉薬、カプセル、ドライシロップ剤、顆粒、散剤など → 固形剤
シロップ  → 液剤

シロップがでたときだけ、別に入力しましょう!!

スマホを1日5分みるだけで薬局知識をアップデート!

薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません!

医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。

でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。

なんで勉強しないといけないのか?

それは、

次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。

医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。

これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。

たとえば、いま注目されているのは「リフィル処方箋」です。このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか?

つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。

要件に加えられてから焦っても遅いんです。

常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。

そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。もし効率よく薬局情報を収集したいなら「m3.com」を利用するのが1番。

m3.com」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。

通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。

利用するには登録が必要ですが、登録と利用は無料1分もあればできます。

\1分で無料登録/

「m3」詳しくはコチラ

スマホを1日5分みるだけで最新の医療ニュースをまとめてチェック

女性
m3.com」でしか読めない、薬剤師や専門家コラムもたくさんあるよ。コラムには業務ですぐに役立つ情報が満載です。

P.S.

登録すると私の業務改善コラム「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」も読めるからよかったら探してみてください(これが宣伝したかったw)

-調剤料

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.