変更調剤

一つのサイトで最新の「新薬・行政情報・臨床情報」がチェックできるオススメの情報サイト紹介▼

新人薬剤師の勉強
薬局の勉強に超オススメのサイト

変更調剤

一般名処方の横についてる先発名は無視できるって疑義解釈

2017/9/19  

一般名処方の横に先発品か後発品の名前書いてある処方箋みたことないですか?うちに、よく飛んでくる大学病院の処方箋がそうなのですが▼こんな感じです。 ブロチゾラム口腔内崩壊錠0.25㎎(レンドルミンD錠0 ...

変更調剤

薬価が高くなってもジェネリックに変更できるんだからね

2017/10/3  

まえにも同じようなこと書いたきがするけど、大事なことなのでもう一度書く。 「ジェネリック → ジェネリック」に変更するときのルールなんだけど、価格が高くなっても変更できます。 これ誤解している薬局は意 ...

変更調剤

シロップから粉薬へ薬局判断で変更できる!?

2017/9/19  

ドライシロップとシロップを相互に変更できる場合があるのご存じですか? たとえば、 カルボシステインシロップ → カルボシステインDS この変更は薬局の判断でおこなうことが可能です。 小児科の門前薬局で ...

変更調剤

後発品への変更調剤のマニアックなポイントを解説

2017/9/19  

今回は変更調剤してもいいのかどうか悩む微妙なとこを解説していきます。 たとえば、 ①液剤 → ゼリー剤 ②シロップ剤 → ドライシロップ剤 ③OD錠 → チュアブル錠 ④先発品よりも薬価が高くなるGE ...

変更調剤

先発品よりも価格が高いジェネリック医薬品に変更してもいいの?

2018/4/14  

なぜか先発品よりも価格が高いジェネリック医薬品というのが存在します。この場合に変更調剤していいのでしょうか? ジェネリック医薬品を推進する制度趣旨を考えると変更するべきではないことは自明なことですが、 ...

変更調剤 薬剤料

風邪薬をジェネリック医薬品に変えたらいくら安くなるのか?

2017/9/19  

薬局に行くと必ずと行っていいほどジェネリック医薬品を進めてきます。 たてまえとしては、 患者の会計が安くなって、患者が嬉しい。 国の医療費負担も少なくなって、国も嬉しい。 薬局もジェネリックを推奨する ...

変更調剤

ジェネリック医薬品へ変更してもらう時の患者説明

2017/9/19  

ジェネリックにするかどうかの患者の意向は、 調剤をする前に聞かないといけないというルールがある。 だから、 処方箋を預かったと同時にジェネリック変更の意向を確認するんだけど、 ジェネリックを理解してい ...

変更調剤

一般名処方で先発品を処方したらレセプトに理由を記載

2018/3/29  

平成26年の診療報酬の改定で「一般名処方」を先発品で調剤した場合には、先発品で調剤をした理由をレセプトの摘要欄に記載しないといけないことになりました。 大した、変更ではないのだけれど、手間が増えたこと ...

変更調剤

後発医薬品の変更調剤のルール

2017/9/19  

いまは国が後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用を推進しているから後発医薬品の処方がとても多くなりました。 後発医薬品って、先発医薬品にたいして1つだけじゃないんです。 たとえば、 先発医薬品:ロキソ ...

ジェネリック 変更調剤

処方箋が一般名称で記載されるようになった理由

2017/9/19  

前回の診療報酬改定(平成24年の改定)から一般名で書かれた処方箋が格段に増えました。 正直言って、一般名の処方箋は見づらい。 薬局事務からすれば迷惑意外のなにものでもない。 一般名というのは、薬の成分 ...

ジェネリック 変更調剤

一般名処方箋の変更調剤ルールと入力方法

2017/9/19  

一般名処方せんとは、 一般名で書かれた医薬品が含まれる処方せんのことで、 一般名を含んだ処方せんを発行すると病院が2点の点数をもらえる様になってから見かけることが多くなった。 一般名でかかれた医薬品は ...

スマホを1日5分みるだけで薬局知識をアップデート!

薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません!

医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。

でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。

なんで勉強しないといけないのか?

それは、

次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。

医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。

これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。

たとえば、いま注目されているのは「リフィル処方箋」です。このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか?

つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。

要件に加えられてから焦っても遅いんです。

常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。

そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。もし効率よく薬局情報を収集したいなら「m3.com」を利用するのが1番。

m3.com」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。

通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。

利用するには登録が必要ですが、登録と利用は無料1分もあればできます。

\1分で無料登録/

「m3」詳しくはコチラ

スマホを1日5分みるだけで最新の医療ニュースをまとめてチェック

女性
m3.com」でしか読めない、薬剤師や専門家コラムもたくさんあるよ。コラムには業務ですぐに役立つ情報が満載です。

P.S.

登録すると私の業務改善コラム「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」も読めるからよかったら探してみてください(これが宣伝したかったw)

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.