薬局ウラ事情

薬剤師が転職サイトを利用するだけでもらえる超豪華プレゼントをまとめてみた

更新日:

薬剤師の転職はあいかわらず引く手あまたなので、転職するだけでさまざまな豪華特典がついてきます。今回は、そんな豪華特典をまとめてみることにしました。

豪華特典がもらえる理由

うちの薬局もずっと薬剤師の募集をかけてるけどなかなかいい人が見つかりません。もちろん応募はくるんだけど60歳オーバーで10年ブランクとか、ちょっと厳しいですよねぇ。

ほしいのは「即戦力」です。

どこもこの現状は同じだから転職サイトでも薬剤師の奪い合いが激化しおり、各社で「転職したらプレゼントあげます」みたいな感じで差別化しています。

もう限られた人的資源の奪い合いです。

転職サイトが提供できるサービスって、どこもだいたい同じで、大手ならどこも十分すぎるほどの求人数をかかえて、さらに、給与交渉のサポート、履歴書添削、面接同行など過剰すぎるほどのサービスをすべて無料で提供しています。

もうこれ以上のサービスを提供することはできません。

そういうわけでプレゼント大作戦になるわけです。もっともわかりやすいのがキャッシュバックですが、利用者はそもそもすべて無料でサービスの提供をうけているのでキャッシュをバックするもなにもない。

こうなるとタダの現金プレゼントです。ということでキャッシュバックは”転職お祝い金”と名前をかえて提供されます。他にも「転職ガイドブック」や「保険調剤テキスト」プレゼントといったオリジナルのグッズをもらえるところもあります。

登録だけでもらえるところもあるので、転職を考えてるなら、いくつか登録していろいろGETしちゃいましょう!!

40万円お祝い金がもらえる転職サービス

いろんなプレゼントもらえるサイト紹介するけど、一番もらって嬉しいので現金にまさるものはないと思います。なんの冗談かわかりませんが、なんとこちらのサイトを経由して転職するとお祝い金として40万円もらえるそうです。
この40万円もられるカラクリは、トップページの赤丸した”お祝い金がもらえる理由”をクリックしてもらえば動画でわかりやすく解説してくれています。

公式:ジョブデポ薬剤師

現在は、転職祝い金が期間限定で40万円が60万円になっていますね(笑)*2017年10月16日

60万円もらえるってボーナスに匹敵するインパクトです。転職するとしばらくはお金なくて金策に困るのに逆になんかウハウハです。転職はあせるといいことありません。”金銭的ゆとり”つまり”心のゆとり”が生まれるというのはスゴいメリットです。

60万円もらえるという前提で、1ヶ月だけ海外旅行でもしてリフレッシュするのもいいですよね。人生で”お金”と”時間”が両方そろうタイミングってなかなかないですからね。チャンスを逃すともう一生来ないかもしれない。そんな貴重な瞬間をGETできる無限の可能性を秘めている。

ちょっとひっかかるのが最大60万円とかいてあるので”最大”というところだとおもいますが、年収によって区切られるのかと思いきや、そんなことなくって正社員の採用なら一律で60万円だそうです。

いいんですか?そんな太っ腹で。

転職を考えるならまずはじめにここに登録するといいでしょう。こちらを利用して満足できない場合は他社も登録してみるといいです。

求人数は8万件もあるので、十分すぎるほどの求人数です。他社と比較しても引けをとることはありません。

公式:ジョブデポ薬剤師

20万円の祝い金と転職者の必読本プレゼントしてくれるサイト

「必読本 + 転職ボーナス20万円」の豪華2大特典ですが、60万円とくらべてしまうとどうしても見劣りしますよね。
必読本プレゼントとありますが、サイト内に本の詳細はなくって、もらってからのお楽しみと書いてあったので、具体的な内容はわかりません。

ぜひ登録してGETしてみてください。

最大値である20万円を貰える詳細な条件がこちら▼です。

年収550万円以上の方に10万円+10万円の2分割(入職日から3ヶ月後と6ヶ月後)に合計20万円の転職ボーナスがでます。

公式:ファゲット

剤師転職サイトPHGET(ファゲット)はサイト運営13年と業界でも2番目に古く実績のあるサイトです。10年以上の実績からいい薬局・いい病院を選ぶノウハウに長けています。

そのノウハウを凝縮した”必須本”を無料の面談を受けるとプレゼントしてくれます。無料面談だけでももらえるので中身が気になる方は登録だけでもしてみるといいでしょう。

公開求人数が3.2万件以上+非公開求人なので、求人数も十分ですね。

薬剤師転職サポートブックと「薬+読」の限定コンテンツの閲覧権がもらえるサイト


転職サービスの超大手ご存知マイナビです。

マイナビ系列なので「転職サポートブック」がもらえます。上記のファルマスタッフは母体が「日本調剤」薬局グループなので「調剤テキスト」す。会社としての得意分野があらわれていますね。

薬剤師転職サポートブック」をゲットするのはいたって簡単で、マイナビ薬剤師に登録してエージェントに会いにいけばもらうことができます。

この本に薬剤師の転職のノウハウがのっていますが、実際は、こんな本をよむよりは、登録してアドバイザーから直接話をきいた方が100倍有益な情報がえられますけどね。「百聞は一見にしかず」です。

それだけだと不安という方は相談した後に追加で読んでおくといいでしょう。薬剤師の方は国家試験が忙しくって就職活動に力がいれられなかったけど、簡単に就職できたという話をチラホラと耳にします。

いざ転職しようとしたときに自分にノウハウがないことに気がつくわけです。そこで、不安になったときに頼りになるのが「薬剤師転職サポートブック」です。

内容は、

・履歴書の書き方
・職務経歴書の書き方
・面接の基本的な流れ
・面接時のマナー
・転職後の心構え など

就職活動のノウハウ本は書店にいけばやまほどありますが、薬剤師に特化したものはありません。

かなり貴重な資料になります。これが無料で手に入るのだから薬剤師資格の威力は絶大です。さらに嬉しい特典もついているようですね。公式:マイナビ薬剤師

詳しくは公式サイト見たほうが早いです。他にも特典があり「薬+読」の限定コンテンツ(動画コンテンツ)の閲覧権もついてきます、ブランクのある薬剤師さんには転職前に勉強のおさらいがでてきるので重宝されまてます。

マイナビ薬剤師は40000件以上の求人を保有して、平均で一人あたりに紹介できる求人数は約21.1件(2015年10月時点)と、両手に余るほどの選択肢があります。

ここからさらにノウハウをもったエージェントと相談しながらより自分にあった求人を絞っていきます。

マイナビ薬剤師のエージェントは、採用を実施する薬局や病院に対して、 深いヒアリングを行うとともに、現場の様子をしっかりと確認しているので、うわべだけじゃないナマの情報を提供してくれます。

おかげでマイナビ薬剤師は3年連続で「利用者満足度No.1」*です。
*調査委託先:楽天リサーチ「薬剤師の転職支援サービス主要15ブランドにおける利用調査」(2015年11月実施)

公式:マイナビ薬剤師

薬剤師の争奪戦が激化する背景

冒頭で、薬剤師のことを「限られた人的資源」と表現しましたが、実際どんなものなのでしょうか?

平成26年12月31日現在における全国の届出「薬剤師数」は約28.8万人です。このうち無職や他業種が5.8%ということで医療系の仕事に従事する薬剤師数は27.1万人です。

そのうち転職希望者が1%だとしたら0.27万人ってことになります。薬剤師はすぐに入れ替わるので転職希望社1%どころではないとおもいますが、とりあえず1%ですすめる。

すると、年間たったの2700人しかいない薬剤師を何社もある転職会社で奪い合うことになります。50社あれば1社平均で54人です。苛烈をきわめる争いになりますよね。

ちなみに、1人確定したときの売上は年収400万円の人なら報酬30%で、120万円の売上で、50人もGETしたら売上6000万円とまずまずな感じになる。とにかく1人の単価が高いんです。

そして、この苛烈なたたかいに油を注いだのが薬局の絶対数の多さです。平成29年7月1日時点の保険薬局数は57730店舗です。

保険薬局は薬剤師がいないと運営することができないのはいうまでもない。

約5.8万店舗で2700人の薬剤師をうばいあうのだから、そりゃ薬局は薬剤師の採用にお金を払わざる負えないですね。

採用単価もうなぎのぼりです。以前は、成功報酬20%とかあったけど、現在はほとんどが30%とかですね。

つまり、薬剤師1人の採用にはけっこうな金額のお金が動くということを覚えておきましょう。

関連記事現場の薬剤師がオススメする転職サイトはコレだ!!

-薬局ウラ事情

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.