市販薬

血管収縮剤や防腐剤を含まない疲れ目の目薬

更新日:

うちは眼科の門前薬局なんだけど、薬局に血管収縮剤(プリビナ点眼液)の在庫がありません。医師が血管収縮剤は使わない方針でまったく処方が来ないからです。

つまり、うちの薬局では治療において血管収縮剤は必要ないんですね。

なのに、市販の目薬には充血をとる成分がやたら配合されますよね。なぜ、なのでしょうか?

おそらくだけど治療する必要はない程度でも、見た目において充血を気にする方が多いからだとおもいます。「目が血走ってる」って言葉があるけど、あれって白目の充血のこと言ってるんですよね。ほめ言葉ではないしイイ意味では使わない言葉だと思う。

この気になる症状をすみやかに改善してくれるのが血管収縮剤です。

充血って白目の毛細血管が拡張して目立ってしまっている状態なんだけど、この充血をとるメカニズムは、ただたんに拡張した血管を収縮させて細くして目立たなくするだけです。血管収縮剤だからその通りの働きをしているだけですね。

治療に使用するのではないけれども、飲み会、お見合い、パティーなんかで見た目をよく見せたいというという理由で市販薬を購入しにくる人もいます。

効き目はあくまでも一時的なもので、目立たなくするだけであって原因を治療するような薬ではないので薬が切れてきたらまた充血してくる。

以前に、知り合いと目薬の話になったときに「この目薬を使うと白目が一発で真っ白になるの」って勧められたんだけど、それって逆に怖くない?

白くてキレイな白眼になると目薬よく効いたなぁて実感がえられるからついつい使いたくなるんですよね。

目薬の成分で劇的に効いたなぁと感じられる成分はほとんどないと思っています。

その中で、血管収縮剤は効いてることが見た目でハッキリとわかる。だからメーカーも効き目のある目薬だと客に思ってもらうために添加するのです。

もちろん充血の見た目が気になるときは使って構わないのだが、ただ問題は充血がないにも関わらずこの成分が配合されてることだ。

充血してなければ血管を収縮させることにメリットはない。眼科のホームページでこの血管収縮剤に言及しているサイトをいくつかみたが否定的な意見がほとんどだった。理由は、血管を収縮させると酸素の取り込みが悪くなってしまうそうで、目も健全な状態を保つためには酸素が必要なのです。

また収縮していることが常態化すると使ってないときには反発して充血してしまうそうです。これは薬剤性の反跳性充血です。

つまり、もし疲れ目でビタミンの目薬を続けているつもりであっても知らずに血管収縮剤が配合されていたとしたら意図せず酸素の取り込みを悪くし、さらに点眼を止めたら充血してしまう恐れまであります。

だから、疲れ目の症状を主とする場合は血管収縮剤を配合しないものを選ぶといいだろう。

医療用で言うとサンコバ点眼やソフティア点眼薬です。これはシアノコバラミンというビタミンB12しか配合されていない点眼薬です。今回はこれに近いもの探してみることにした。

サンコバ点眼やソフティア点眼薬と同じ成分の市販薬

よくサンコバ点眼薬やソフティア点眼薬を処方箋なしで売ってくれって言われることがあります。

ビタミンの目薬だから言えば買えるだろうくらいに思っているのですが、残念ながら医療用医薬品なので個別販売は行ってないのです。

ちなみに、サンコバ点眼薬の個別販売(零売)は”できない”のでなく”やらない”だけです。

販売しない理由は別記事で解説しています。

処方箋なしで病院の薬を個別販売してもいいのか?処方箋なしで病院の薬を個別販売してもいいのか?

市販の目薬って有効性分が1種類だけのものってほとんどないんですよね。逆に多いものだと10種類以上にもなる。

疲れ目によく使用されるサンコバ点眼薬やソフティア点眼薬の有効性分はシアノコバラミンつまりビタミンB12です。ビタミンB12は目のピント調節機能を助けて疲れ目を楽にしてくれます。

特徴的なのはその色で赤色した目薬はけっして食紅で色をつけているわけではありません。ビタミンB12の色で赤くなっているのです。

残念ながらシアノコバラミン単体の目薬ってないんですね。メーカーも成分増やすばかりでなく逆に減らしてくれれば、新たな市場が開拓されるのではないでしょうか?

実際、「血管収縮剤が配合されていない点眼薬」というキーワードで検索して当サイトに来てくださる方は多くて、ある程度需要はあるのかなとおもう。

なので、極力、成分がすくなく血管収縮剤が配合されてない赤色の点眼薬ということで探してみました。

もっとも成分が少なくシンプルな目薬と言えば、まずソフトサンティアだと思います。これは涙と同じような組成になるように作った人工涙液です。だから、余計なものは含まず涙に近いものですね。

余計な成分がなにも入ってないというよりは成分自体なにも入っていないのだ。目が乾いて疲れるとかだったらこのソフトサンティアでも疲れ目に効果があるとおもう。目が乾くと蒸発を防ぐために瞬きの数が多くなるそうすると疲れ目の症状は出やすくなりますね。

これでもいいとおもいますが、もうすこし成分入ってるのないでしょうか?

ということでこちらはどうでしょうか?

ソフトサンティア ひとみストレッチ

ビュークリア ビタコンタクト

ソフトサンティア ひとみストレッチ

こちらはソフトサンティアのシリーズでとくに疲れ目をターゲットにした商品です。

特徴的なのはコンタクトレンズ(ソフト&ハード)の上からでも点眼できるということです。

市販の目薬でコンタクトレンズの上から点眼できるものには、共通する特徴があってそれは防腐剤のベンザルコニウム塩化物を配合していないことです。ベンザルコニウム塩化物がコンタクトレンズに悪い影響をあたえると言われているのでコンタクトレンズ専用の目薬はこちらの防腐剤を使用していないのです。

ちなみにですが、サンコバ点眼液とソフティア点眼液には防腐剤としてベンザルコニウムが使用されています。

さて、

ひとみストレッチの有効成分はこちらです。

ビタミンB12(シアノコバラミン)0.02%
ネオスチグミンメチル硫酸塩0.005%
ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)0.1%

このシアノコバラミンがサンコバ点眼薬に使用されている成分ですね。濃度もサンコバと同じ0.02%配合されています。それに加えて、ネオスチグミンメチル硫酸塩はミオピン点眼液に使われている成分と同じものです。

ミオピンもサンコバと並んで疲れ目によく使用される目薬ですね。もちろん一緒に使うこともあるので一緒に使っている人は混ざってるのでこっちの方が簡単ですよね。

ビタミンB6は良くわかんないですけど、栄養補給とか?

ビュークリアビタコンタクト

こちらの有効成分は、

ビタミンB12(シアノコバラミン)0.02%
タウリン0.1%
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム0.1%

こちらもコンタクトレンズ用の目薬ということもあって防腐剤のベンザルコニウム塩化物が配合されていません。

シアノコバラミン0.02%というのは同じですね。さっきのひとみストレッチとの違いはタウリンとコンドロイチンです。コンドロイチンはドライアイによく使用される成分で、角膜保護成分になるのでコンタクトのゴロゴロとか不快感を軽減してくれます。コンドロン点眼液に使用されている成分と同じですね。タウリンは新陳代謝を促して目の疲れをいやしてくれるそうです。

これのすごいとこが開封後の使用期限の目安が3ヵ月ってとこ。3ヶ月過ぎたものはすみやかに破棄して下さいね。

ピント調節がうまくできずにボケるとかの疲れ目なら、ひとみストレッチで、ドライアイによる乾き目ならビュークリアビタコンタクトなのかなと思う。

-市販薬

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.