薬局便利ツール

これがないと始まらない調剤薬局事務の一番大事なアイテム

更新日:

これがないと仕事にならないという一番大事なアイテムの紹介です。

前々から紹介しようと思ってたのですが、ネットで同じ商品を発見することができずに紹介できずにいたものがあって、ようやく発見することができました。

もし、使ってないなら安いから試してみてください。

処方箋を簡単に挟む事が出来るメモクリップです。裏面に磁石がついているので金属面に取り付けることが出来ます。

これをディスプレイの近くに設置しておけば、処方箋を受け取ったら片手でサッと差し込みます。そして、入力が終わったら片手でサッと引き抜きます。

差し込むだけで、しっかりと紙がとめられるので超便利です。処方箋入力はスピードが命です。毎日何十回も繰り返し行う作業だからストレスがかからないものが一番。

数年間毎日数百回も抜き差ししてるけど壊れることなく、現役で働き続けているので実用性と耐久力は申し分ありません。処方箋を止めるアイテムに困ってるならぜひともこちらを試してみて下さい。1個400円くらいです。

この商品は、紙が入りやすいようにゴム製のヒゲが複数上下についていて、紙を入れる時はゴムヒゲが傾きながら入る為簡単に入ります。紙が入るとゴムの復元力と摩擦抵抗で、しっかり保持されます。紙を抜く時はゴムヒゲが反対側にそり、外す事が出来ます。コピー用紙なら約10枚程度とめることが出来ます。追加差込が出来、止め外しを繰り返しても紙を傷つけることがありません。

処方箋とめるのに使うから1枚止められれば十分です。2枚組を想定して2箇所にセットしとくとより便利です。

うちではディスプレイの左横のPCラックフレームに設置しているのと、ディスプレイ上部のPCラックにもつけてますね。

関連記事調剤薬局事務のお役立ちアイテム

スマホを1日5分みるだけで薬局知識をアップデート!

薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません!

医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。

でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。

なんで勉強しないといけないのか?

それは、

次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。

医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。

これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。

たとえば、いま注目されているのは「リフィル処方箋」です。このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか?

つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。

要件に加えられてから焦っても遅いんです。

常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。

そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。もし効率よく薬局情報を収集したいなら「m3.com」を利用するのが1番。

m3.com」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。

通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。

利用するには登録が必要ですが、登録と利用は無料1分もあればできます。

\1分で無料登録/

「m3」詳しくはコチラ

スマホを1日5分みるだけで最新の医療ニュースをまとめてチェック

女性
m3.com」でしか読めない、薬剤師や専門家コラムもたくさんあるよ。コラムには業務ですぐに役立つ情報が満載です。

P.S.

登録すると私の業務改善コラム「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」も読めるからよかったら探してみてください(これが宣伝したかったw)

-薬局便利ツール

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.