お薬手帳

お薬手帳にテプラで名前を貼付するよりもいい方法を考える

更新日:

いつも行っている薬局で、子供のお薬手帳をつくってもらったらテプラでキレイに印刷して貼ってくれました。

すごい親切ですよね。

見た目もいいだけじゃなくって、薬局のリスクマネジメントの面からもいい考えだと思います。

お薬手帳は名前が入ってないと薬局で取り違いを起こすリスクがあがるので薬局側で率先して名前入れてあげることで取り違いを減らすことができます。

ただ、いいアイデアだと思うけどマネをしようとはおもいません。だってめんどくさいですもん。

絶対に、事務員がつくるに決まっています。テプラの入力面倒だし、印刷時間かかるし、テプラ場所とるし。

でも、名前をいれてあげるっていうのはいい案だとおもうので、もっと簡単にできるのであれば導入してもいいと思います。

そこで、自分なりに簡単にできないのかを考えてみまた。

薬局内にはわざわざテプラを使わくっても簡単にシールを印刷する機械がおいてあるとおもいます。

そう、お薬手帳のラベルプリンターです。あれって印刷スピード異常に早いとおもいませんか?感熱紙に印刷するから圧倒的に早いんです。

あれ活用できたらレセコンで処方箋入力するついでにお名前ラベルも一緒につくれば簡単です。

ということで、エクセルで早速作ってみました。

「B3」セルに名前をいれて印刷ボタンを押せば終わりです。テプラよりも簡単でしょ?

結果、いまいちですね。

まず、お薬手帳のラベルの幅が狭いです。もちろんラベルを縦方向に使えば幅に関係なく長さは無限ですが縦に使うと余白部分が多すぎてラベルが大量に無駄になります。

あと、文字が荒い。お薬手帳シールみたいに小さい文字ならキレイに出来るみたいなんだけど、大きくした文字はなぜか汚い。

ということで、せっかく作ったのに失敗ですね。

これの応用でお薬手帳の表紙によくはられている「処方箋と一緒にお渡し下さい」シールはラベルプリンターで作ると簡単です。シールならいちいちのり付けしなくてすみます。

追記
EMのレセコンはお薬手帳の発行機能にお名前ラベルの発行機能が備わってるのでチェックをつけるだけで簡単にできます。

関連記事紙1枚を折って作った簡易型のお薬手帳とは

おまけ

印刷ボタンを作る時のマクロ

プリンターを指定して印刷するマクロはこんな感じになります。

Sub 印刷()
'
' 印刷 Macro
'
ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut Copies:=1, Collate:=True, _
        IgnorePrintAreas:=False, ActivePrinter:="プリンター名"

End Sub

プリンター名のところに正確にプリンター名を入れてください。これでわずらわしいプリンター変更しなくてもラベルプリンターで印刷できるようになります。

登録したマクロをボタン画像に登録してつかうとより便利ですね。

プリンターを入力して切り替えられるようにしたいのであれば、こんな風にしてみてもいい。

Sub 印刷()
'
' 印刷 Macro
'

prin = Sheets("シート名").Range("A1").Value

    ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut Copies:=1, Collate:=True, _
        IgnorePrintAreas:=False, ActivePrinter:=prin

End Sub

こうすると「A1」セルにプリンター名を入れることでそのプリンターで印刷できます。

お薬手帳のラベルプリンターで何かを作ろうとしたときにスゴく便利なマクロなのでメモしときますね。

関連記事お薬手帳の「お会計安くなるよ」ポスター作ったので公開する

スマホを1日5分みるだけで薬局知識をアップデート!

薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません!

医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。

でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。

なんで勉強しないといけないのか?

それは、

次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。

医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。

これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。

たとえば、いま注目されているのは「リフィル処方箋」です。このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか?

つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。

要件に加えられてから焦っても遅いんです。

常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。

そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。もし効率よく薬局情報を収集したいなら「m3.com」を利用するのが1番。

m3.com」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。

通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。

利用するには登録が必要ですが、登録と利用は無料1分もあればできます。

\1分で無料登録/

「m3」詳しくはコチラ

スマホを1日5分みるだけで最新の医療ニュースをまとめてチェック

女性
m3.com」でしか読めない、薬剤師や専門家コラムもたくさんあるよ。コラムには業務ですぐに役立つ情報が満載です。

P.S.

登録すると私の業務改善コラム「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」も読めるからよかったら探してみてください(これが宣伝したかったw)

-お薬手帳

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.