薬局ウラ事情

医薬品卸の納品システムのすごさがハンパない件

更新日:

この業界にしかいないと医薬品卸の「神」対応が当たり前に思えてきてしまうけど、ドラッグストアから転身してきたわたしからすると、この対応力は異常なまでにすさまじい。

だって、当日頼んだものをその日のうちに持ってきてくれるんですよ?

他の業界でこんな配送ありますか?

さらに、午前中頼んだのだけじゃないですよ。うちの場合の某卸さんは13:30までに発注すると15:00くらいには持ってきてくれる。

普段からよく頼むものに関してはほぼ時間通りに届けてくれます。営業所に在庫してない場合はちょっと遅くなるけどセンターから取り寄せて当日中にもってきてくれる。

これだけでも十分すごいんだけど、

さらに、午後の納品が終わったけど、当日までにどうしても欲しいってのがある場合は、普段の配達員以外に手の空いているスタッフがいれば別の人が持ってきてくれたりもする。

スタッフが足りてない時は仕方ないのだが多くの場合は引き受けてくれる。しかも、追加料金は一切発生しないのだ。

スーパーやドラッグストアの配送の場合

毎日納品が来るのは日配品や生鮮品くらいで、日用品や雑貨は週に2回の配送が一般的だと思う。

発注する日も決まっていて、例えば、月・金は雑貨・化粧品の発注日、火・土は日用品・お菓子の発注日みたいな感じ。

そして、発注して2~3日後に納品がある。

客から土曜日に雑貨が欠品していて、いつ入るのってなったときに、次の発注は2日後(月)で、納品はその3日後だから5日くらいかかる計算になる。

もうAmazonで頼んだほうが早いかもわからない。つまり、当日配送が如何にすごいのかがわかる。

医薬品がもしその日のうちに手配できないとなると健康に支障をきたすケースも考えられるから、それでこのような平日毎日当日配送システムになっているのだ。

あと、

医薬品業界の特殊な取引形態としては価格を取り決めないで商品の取引だけを先にすることがある。

もちろん0円で取引するわけではない。

どういうことかというと、暫定的な価格で売り買いをするのです。薬局からすれば信用買ですね。

いま世の中に薬価基準に収載されている品目は約1万5千程度ありますが、そのすべての売買価格を締結しているわけではない。

しかし、薬は急いで卸から購入して患者さんに届けないと健康被害を生じてしまうかもしれない。

価格交渉なんてその場でしてられないから仮の価格で取引して事後の値引きで調整するのだ。

でも、これって便利なんだけどあんまりいいことではないから国の方でこの未妥結状態を減らしなさないという方向で勧められている。

つまり、妥結率を低いと薬局にペナルティーがかせられるのだ。

妥結率が低い薬局や病院は大赤字!!|調剤薬局事務の仕事妥結率が低い薬局や病院は大赤字!!|調剤薬局事務の仕事

さて、ちょっと話がそれてしまいました。

まだまだすごい卸さんの「神」対応

わたしがホントにすごいと感じたサービスは、なんといってもバラ納品です。なんと販売包装を開けてその中身の一部だけを配送してくれるんです。

基本は卸さんから箱単位で医薬品を購入します。これだと1回に5錠しか使わないけど、そのためにだけに100錠を仕入れざる負えないのです。もったいないけど、残り95錠はデッドストックです。

医薬品のデッドストック(不動在庫)を処理した3つの方法|調剤薬局事務の仕事医薬品のデッドストック(不動在庫)を処理した3つの方法|調剤薬局事務の仕事

そこで、登場したのが小分け配送です。

1箱100錠包装のものであっても、1シート(10錠)から配送してくれるのだ。

たとえば、一箱6個入りのチョコパイを一個ずつ発注するようなものです。これすごくないですか?チョコパイ1個ずつ発注されたら超いらっときますよね。

でもね、そのようなサービスを無償で提供してくれちゃうんです。

だから、さっきの場合だと1シートだけ注文して10錠だけ届くから、残りの5錠はデッドストックいきだけど95錠に比べたら、全然ましです。

でも、

バラで納品ってお時間かかるんでしょ?

バラで問屋さんも準備するの大変だろなぁとおもいきや、これも早ければ当日に届けてくれるんです。遅くてもだいたい翌日には配送される。

だから、

レアな薬が処方された時にもし明日まで待ってくれるのであれば、シート単位といった最低限の数で無駄なく対応できるのだ。

これを無償で提供してくれるとは、まじ「神」対応。ただ、箱で買うよりも高い価格設定にはなります。

だから、よく出る薬は箱で買います。箱で買うと期限が切れてしまうような薬は高くてもバラで買います。

さて、どれくらい高いのでしょうか?

これは別の記事でまとめたのでこちらの記事を参考にして下さい。

小分けで購入するときは薬価で購入だから高いのか?|調剤薬局事務の仕事小分けで購入するときは薬価で購入だから高いのか?|調剤薬局事務の仕事

返品もこころよく(?)引き受けてくれます

申し訳ないんだけど、医薬品って返品することがよくあるんですよね。

医薬品はものによっては1箱で数万円とかザラにあるから出ないものをそのまま放置しておくわけにはいかない。

でどうするかというと、ご想像の通りで、箱が開いてなければそのまま卸さんに返品してしまいます。ほんとごめんなさい。

スーパーとかって店に商品届いたらメーカーからの回収依頼でも来ない限り容易に返品は出来ません。間違って取り過ぎたから、取り過ぎた分は返すね。なんて通常まかり通らないですよね。

スーパーでバイトしていた時に何度か経験したけど社員さんが常に恐れているのは誤発注ね。

おせんべい24袋とったつもりが24箱で来ちゃって近隣店舗に店間移動してた覚えがあります。ネットのツイッターとかでもたまに誤発注話題になりますよね。プリン100個とっちゃったから買いに来てーみたいなやつ。

返品できたらこんな大変な思いをすることはありませんが、普通は一度買ったものは理由がない限り返せないんです。

でも、医薬品に関しては全然違くて、間違って発注しても返品できるし、こちらから返しに行くわけでもなく電話して取りに来てもらうんです。

すごいシステムでしょ。

さらに、最近では納品と同時にキャンセルまでもできるとこがある。これは卸さんによって対応が違うんだけど、

納品された時点で誤発注って気づくことが多いです。そりゃ、1個だけとったはずが10個とか山盛り来たらその場で気づきますよね。これをその場でキャンセルできたらすごく楽だと思いませんか?

よくある対応としては伝票単位でまるごとキャンセルもしくは一度納品して後日に返品です。でも某卸さんのシステムだと、配送の人もハンディースキャナー持っていて、その場でキャンセル作業を行ってくれるんです。伝票1枚まるごとじゃなくて一部取り消しにも対応してくれます。

これは非常に助かります。やっぱりマジで「神」対応。

いつも無理いってすみません。ホントたすかってます。こころからありがとうございます。

-薬局ウラ事情

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.