自家製剤加算

散剤のある錠剤を半錠にしたときの自家製剤加算

更新日:

散剤のある錠剤を半錠にしたときは自家製剤加算を算定してもいいのか?

なんどか質問を頂いているのでこちらで解説したいと思う。

長々と読むのは大変だと思うから、先に結論を言うと、

(STAP細胞風に読む)

半錠加算は・・・算定・・・できます!!

まずは定義から、

厚生労働省が診療報酬改定ごとに公表している「調剤報酬点数表に関する事項」より抜粋

自家製剤加算
オ 割線のある錠剤を医師の指示に基づき分割した場合は、錠剤として算定する。ただし、分割した医薬品と同一規格を有する医薬品が薬価基準に収載されている場合は算定できない。

これが分割に調剤した時に自家製剤加算を算定できる根拠になる文言だ。

ついでに、自家製剤加算が取れない場合も別途記載されている。

自家製剤加算
エ 薬価基準に収載されている医薬品に溶媒、基剤等の賦形剤を加え、当該医薬品と異なる剤形の医薬品を自家製剤の上調剤した場合に、次の場合を除き自家製剤加算を算定できる。

  • (イ) 調剤した医薬品と同一剤形及び同一規格を有する医薬品が薬価基準に収載されている場合
  • (ロ) 液剤を調剤する場合であって、薬事法上の承認事項において用時溶解して使用することとされている医薬品を交付時に溶解した場合

「オ」で注目したいのが「同一規格を有する医薬品が薬価基準に収載されている場合」とれないとある。

例えば、
アムロジン5mgを半割して0.5錠で渡すとする。このとき0.5錠と同じミリ数のものつまり「2.5mg」のものが世の中に存在するのであればそちらを使った方が衛生的だし余計な手間もお金もかからないから、自家製剤加算は算定させませんよってこと。

これは同一規格である2.5mg錠があるためですね。

ここでいう同一規格って何でしょうか?これは含量同一規格のことです。含量が同じであれば代替できるってこと。

散剤があってもこれって関係ないよね?なぜなら散剤は同一規格とは言わないからです。

散剤の規格って10%とかでしょ?これと錠剤のミリ数は比較しようがないんだから同一規格なはずがない。

その証拠にジェネリックの変更調剤の例を挙げると、

規格が同じであれば変更しても構わないけど、散剤に変更するときは疑義照会が必要ですよね。

規格が違うから勝手に変更できないんです。

これと同じで、同一規格がある場合はダメだけど、散剤は同一規格とは言わないので、

散剤が存在しても半錠の自家製剤加算は算定できる

これで十分だとは思うけど、

算定できない場合を規定している「エ」についても見てみよう。

「調剤した医薬品と同一剤形及び同一規格を有する医薬品が薬価基準に収載されている場合」と規定されている。

同一剤形&同一規格があったら取れないんだけど、

錠剤と散剤比べたら、これは別剤形ですよね。また同一規格は先ほど別物と説明しました。

よって、取れない場合にも当てはまらないので算定できるんです。

関連記事散剤のある錠剤を粉砕したときの自家製剤加算
関連記事割線のない錠剤を半錠にしたときの自家製剤加算

そうそう、

念のため書いておきますが、

自家製剤加算を算定したときはレセプトに算定理由を記載しとかないと返戻になることがある。

今回は、半割なので「錠剤を半錠にしました」とでも摘要欄にいれとくといいだろう。

関連記事薬局の勉強に超オススメのサイト

スマホを1日5分みるだけで薬局知識をアップデート!

薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません!

医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。

でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。

なんで勉強しないといけないのか?

それは、

次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。

医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。

これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。

たとえば、いま注目されているのは「リフィル処方箋」です。このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか?

つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。

要件に加えられてから焦っても遅いんです。

常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。

そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。もし効率よく薬局情報を収集したいなら「m3.com」を利用するのが1番。

m3.com」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。

通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。

利用するには登録が必要ですが、登録と利用は無料1分もあればできます。

\1分で無料登録/

「m3」詳しくはコチラ

スマホを1日5分みるだけで最新の医療ニュースをまとめてチェック

女性
m3.com」でしか読めない、薬剤師や専門家コラムもたくさんあるよ。コラムには業務ですぐに役立つ情報が満載です。

P.S.

登録すると私の業務改善コラム「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」も読めるからよかったら探してみてください(これが宣伝したかったw)

-自家製剤加算

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.