薬局便利ツール

ODフィルム錠の一覧表を作ってみた

更新日:

いままでありそうでなかったリストを作成しています。こないだ厚生労働省で4月からの新薬価ということで薬価収載されている全医薬品リストが公開されました。

エクセルデータで公開されているので、これを編集して新しいリストを作るのがここ最近のマイブームです。

いままで作った作品はこちらです。

>>口腔内崩壊錠の一覧表
>>配合錠の一覧表
>>4月からの薬価改定に備えて新旧薬価対比表

そして、今回作成したのが「フィルム剤一覧」です。

ありそうでなかったとおもう。

こちら▼のリストを編集して作ります。
外部リンク:薬価基準収載品目リスト及び後発医薬品に関する情報について(平成28年4月1日適用)|厚生労働省

今回の抽出条件は、後発品も含め薬価収載された全ての内服薬のうち「フィルム」の文字を含むものを抽出しました。

完成したリストがこちらです。はい、どーん。

フィルム剤一覧

商品名 成分名
ゾルピデム酒石酸塩ODフィルム5mg「モチダ」 ゾルピデム酒石酸塩
ゾルピデム酒石酸塩ODフィルム10mg「モチダ」 ゾルピデム酒石酸塩
ドネペジル塩酸塩ODフィルム3mg「EE」 ドネペジル塩酸塩
ドネペジル塩酸塩ODフィルム5mg「EE」 ドネペジル塩酸塩
ドネペジル塩酸塩ODフィルム10mg「EE」 ドネペジル塩酸塩
アムロジピンODフィルム2.5mg「QQ」 アムロジピンベシル酸塩
アムロジピンODフィルム5mg「QQ」 アムロジピンベシル酸塩
ボグリボースODフィルム0.2「QQ」 ボグリボース
ボグリボースODフィルム0.3「QQ」 ボグリボース
オロパタジン塩酸塩ODフィルム2.5mg「マルホ」 オロパタジン塩酸塩
オロパタジン塩酸塩ODフィルム5mg「マルホ」 オロパタジン塩酸塩
ロラタジンODフィルム10mg「モチダ」 ロラタジン
ロラタジンODフィルム10mg「KN」 ロラタジン

さすがに品目数少ないですね。

ODフィルムはすべてがジェネリック医薬品です。先発品にはない剤形を逆にアピールして切り替えてもらう作戦です。

区分は口腔内崩壊錠になります。

先発品の普通錠やOD錠を希望すればこちらのフィルム錠に変更することができます。

ジェネリック医薬品は添加剤が違うことで、敬遠されがちなのですが、こちらは添加剤の違いを逆にアピールしてより利便性の高いジェネリックへと昇華させた商品です。

錠剤とフィルム剤とでは添加剤まるで違いますよね。でも、効き目は同じなんです。

先発品になくジェネリックにしかない付加価値を見出したものをアドバンストジェネリックと言います。

前衛的なジェネリックですね。

さて、上記のリストを上から順に先発品名でいうと、マイスリー、アリセプト、アムロジン(ノルバスク)、ベイスン、アレロック、クラリチンです。

よくよく考えてみるとOD錠があるなら別にフィルムにするメリットってないとおもう。OD錠がダメでフィルム錠の方がいいメリットって思い浮かばない。

舌に張り付いて気持悪くないかちょっと心配。フィルムがまずかったら困るけど、そのへんはフィルムにして販売するのだから大丈夫だろうとおもう。

市販薬でもフィルムあるけどやっぱりメリットが思い浮かばない。

市販薬のフィルム剤も紹介する

▲下痢止めです。財布の中に1枚しのばせとくといざって時に役立つかもしれない。

▲鼻炎薬です。これも同じです。財布に1枚しのばせとくと鼻水でたときに役立つかもしれない。

百歩譲ってフィルム剤なら薄いからOD錠より財布にしのばせやすいというメリットが有るかもしれない。でもアルツハイマーの薬は財布にいれておく理由が思い浮かばないし、持ち運ぶシチュエーションもあまりないようにおもう。

スマホを1日5分みるだけで薬局知識をアップデート!

薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません!

医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。

でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。

なんで勉強しないといけないのか?

それは、

次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。

医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。

これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。

たとえば、いま注目されているのは「リフィル処方箋」です。このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか?

つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。

要件に加えられてから焦っても遅いんです。

常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。

そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。もし効率よく薬局情報を収集したいなら「m3.com」を利用するのが1番。

m3.com」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。

通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。

利用するには登録が必要ですが、登録と利用は無料1分もあればできます。

\1分で無料登録/

「m3」詳しくはコチラ

スマホを1日5分みるだけで最新の医療ニュースをまとめてチェック

女性
m3.com」でしか読めない、薬剤師や専門家コラムもたくさんあるよ。コラムには業務ですぐに役立つ情報が満載です。

P.S.

登録すると私の業務改善コラム「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」も読めるからよかったら探してみてください(これが宣伝したかったw)

-薬局便利ツール

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.