調剤薬局事務の資格

調剤事務管理士と調剤報酬請求事務の違い

更新日:

調剤薬局事務の資格って一口にいってもいくつかある。その中で代表的なのが調剤事務管理士と調剤報酬請求事務だと思う。

今回は、この2つの資格をピックアップして説明していきます。

ちなみに、
ユーキャンの講座で取得できるのは調剤事務管理士
ニチイの講座で取得できるのは調剤報酬請求事務

どちらも民間の資格で出題範囲もほとんど重複しているので、主催団体が違うくらいで大きな違いはない。

ちょっとまとめたので細かい違いを見ていこう。

調剤事務管理士

実施団体:技能認定振興協会
受験資格:特になし
受験料:5700円

調剤報酬請求事務

実施団体:一般財団法人日本医療教育財団
受験資格:指定したカリキュラムを修了し、修了試験に合格した上で認定
認定料:3000円

決定的に違うのは受験資格です。

調剤報酬請求事務は、認定を受けるためには所定のカリキュラムを修了しなければならない。つまり、講座の受講が必須なのです。

講座を受講した上で更に認定料を支払うわけです。最低でも3万円は必要ですね。

たいして、

調剤事務管理士は、受験資格はなく誰でも試験を受けることができます。だから、独学で習得も可能です。独学であれば5700円+テキスト代で10000円以内で取得が可能です。

上記で、ユーキャンの講座が有名であることを説明しましたが、資格の取得をするのに講座の受講は必須ではありません。もし独学での取得が困難であれば受講をオススメします。

もし独学で勉強するなら、

コチラのテキストで勉強するといいでしょう。書店にも置いてありますね。

この1冊で十分だと思いますが、心配であればもう1冊くらい勉強しとくといいかもしれません。

受講して取得するのであれば一括の資料請求が便利だと思う。

無料で資料を請求ボタン

これだといくつかの講座を一括でとれるし一番安い講座も紹介してくれる。

調剤薬局事務の資格について

上記で説明している資格はどちらも民間の資格なので、法的効力も独占業務もありません。

調剤薬局事務の資格は何種類もありますが薬局側(採用側)としては、その違いをほとんど把握していません。だから、面接側としてはどれを持っていても違いはないのです。

ただ単に、ちゃんと勉強してきたんだなって印象になるだけですね。

また調剤薬局事務として働く上で資格が必要なんてことは特にないのですが、

レセプト請求業務(保険請求)は煩雑であり専門的な知識が必要なので習得しておくと、仕事に有利になることは確かです。

この資格の場合は就業するにあたって調剤薬局事務として働くために必要な準備ができていることを証明するためのものです。

資格自体は、面接で考慮されることもあるけど、当然考慮されないこともある。

自身がある人は、資格なしで面接に望めばいい。自身がない人はちょっと勉強してみてもいいとおもう

-調剤薬局事務の資格

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.