薬局のルール

従業員は請求できない調剤報酬!!算定したら不正請求!!

更新日:

自家調剤制限規程ってのがあって、

薬局の従業員が、自分が働いている薬局に処方箋をもって行った場合は、

一部の技術料と薬学管理料の算定が禁止されている。

要件は、

薬剤師と非薬剤師とで違います。

また、従業員だけでなく、その家族の処方箋にも制限規定が設けられている。

薬学管理料は投薬を受ける『患者に対しての薬剤の指導及び説明事項』なので、

薬剤師自身は自分に指導をしたり薬剤の説明をする必要がないので、算定が禁止されています。

また、薬剤師の監督下にある家族及び従業員も同様の扱いとし保険請求が禁止されています。

平成26年改定:自家調剤にかかる制限事項(埼玉県薬剤師国民健康保険組合)

自家調剤における調剤報酬請求の一部制限事項

◯は請求可、✕は請求不可

調剤
報酬

内訳
事業主及び従業員の勤務薬局での調剤
(本店、支店間における調剤も含む)
薬剤師
本人
非薬剤師
本人及び
家族



調



調剤基本料 ※分割調剤を除く
 分割調剤
 後発医薬品の分割調剤
 基準調剤加算(1・2)
 後発医薬品調剤体制加算(1・2)
調剤料 内服薬・内服用滴剤・屯服薬・注射薬・外用薬・浸煎薬・湯薬
 一包化加算
 嚥下困難者用製剤加算
 無菌製剤処理加算
 麻薬・向精神薬・覚せい剤原料・毒薬加算
 時間外・休日・深夜加算
 夜間・休日等加算
 自家製剤加算
 計量混合調剤加算
 在宅患者調剤加算




薬剤服用歴管理指導料
長期投薬情報提供料(1・2)
外来服薬支援料
在宅患者訪問薬剤管理指導料
在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料
在宅患者緊急時等共同指導料
退院時共同指導料
服薬情報等提供料
薬剤料
特定保険医療材料

従業員の処方せんをタダにする福利厚生について

病院や薬局での割引サービスは、療養担当規則・医療法・健康保険法によって禁止されています。

ただ、福利厚生で、従業員のお薬代を会社が負担することは可能です。

福利厚生の代表的なものとして従業員の医療費があります。処方箋の薬は医療費に該当するので、このぶんを会社が負担することはなんら問題ありませんね。

でも注意したいのが、

自身が医療機関であるため、これをそのままタダにするということは割引行為に該当し禁止されています。

だから、一度全額支払って、その領収証ぶんを会社にもらうというのが正しい流れです。

おまけ

ちょっとダメな割引サービス

別に、福利厚生で従業員に医療費を補填すること自体は問題ないのですが、

場合によってはダメな場合もあるので、ダメな例を紹介します。

自身の処方箋を薬局にもっていたっとします。

薬局の会計は、

薬剤料+技術料です。

薬剤料は薬局の元手がかかるので、従業員に負担してもらいます。

技術料は、これは丸々利益になります。

だから、薬局はスタッフが処方せんをもってきたら技術料を得することができる。

この得したぶんをそっくりそのまま従業員の自己負担分から引いてサービスするという福利厚生をしていた薬局があったそうです。

これはダメだそうですね。

もうすこし詳しく説明します。

会計が、薬剤料50点 + 技術料100点だったとします。

そうすると合計は150点で、これの3割負担なので自己負担は450円です。

このうち元手がかかってない技術料100点のうち7割は保険請求します。

つまり、700円分は従業員からお金をもらわなくても国から入ってくるんです。

つまり、700円利益が出るから、自己負担分450円なんかタダでいいよって、割引です。

ちなみに、もし薬剤料が高くて頭がでてしまうときは、出てしまった分は従業員負担です。

薬局は損しないし、従業員はタダでうれしいって感じの福利厚生なんだけど、これは直接的な割引だからダメですね。

昔はよくあったらしいです。

おすすめ記事:まだ薬歴で消耗してるの?10秒薬歴を実現した方法を公開

-薬局のルール

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.