運営報告

ブログの運営報告とbloggerの可能性

更新日:

BLOGGERの良さと可能性をPRしたいとおもう。

bloggerとはグーグルが無料で提供するブログサービスです。当サイトはbloggerを利用して運営しています。

最近たくさんのブログを読んでいるのですがblogger使いにはあまりお目にかかることがありません。ほとんど「ワードプレス」か「はてなブログ」です。

ずっとbloggerで運営してきた私としてはblogger負けてないと思うんです。

そこでbloggerのPRをしようと思う。

まずは、ブログのサービスを選ぶうえで一番気になるポイントだとおもうのが、ちゃんとアクセスが来るのかどうかだと思う。

これに関してはワードプレスやはてなブログは、あちこちで月間数十万PVとか、なかには100万PV以上とかの運営報告みるので、まず選択して間違いはないだろう。

これでアクセス上がらないなら問題はコンテンツにあり媒体は関係ない。

さて、

肝心のbloggerですが、利用者が少ないのかアクセス数公開しているサイトがあまりありません。そこで、当サイトのアクセス数を公開する。

アクセス数
当ブログのアクセス数はここ最近月25万PVで横ばいです。だいたい日に9000PV程度です。記事数は250でまずまずだとおもいます。

アクセス数をアップするために意識してるのはタイトルと文字数くらいでこれといって特別なことはしていません。

他にもいくつかbloggerでブログ運営しているけど10記事あげるとだいたい100PV/日くらいはくる。

つまり、普通に書いてさえいればある程度アクセス数は見込めるということです。

比較のしようがないので実際わからないけど、ワードプレスやはてなブログに負けないポテンシャルを秘めていると思う。

これ以上のPVは未知数なのでわかりません。

さて、ポテンシャルを秘めてるのはわかったとおもいますが、だったらワードプレスやハテブ使った方がいいじゃん。とおもうかもしれない。

でもね、なんと言ってもbloggerは無料なんですよ。

当サイトを運営するにあたってかかっているコストって全く無いんです。0です。フリーです。

ちなみに、ブログガチ勢の多くはワードプレスだけど、あれはサーバーとドメインを準備しないといけないから最低でも年3000円くらいはかかる。

つまり、bloggerはスタートするまでのハードルが圧倒的に低いのです。みなさんグーグルのアカウントもってますよね?最近では、スマートフォンの初期設定っでグーグルアカウント要求してくるから、スマホユーザーはだいたいグーグルアカウント取得しているのではないでしょうか?

このbloggerはグーグルのアカウントさえあればわずか数分でブログをスタートすることができます。しかも初期で広告無し。

無料ブログたとえばamebaとかが有名だけど、これは強制的にamebaからの広告が表示されるのでデザインの自由度が低い。bloggerは無料だけど広告の表示がないのがホントに素晴らしい。

ブログって最初はかければなんだっていいじゃんと思うのですが、1人で書いてるのは孤独だから、アクセスが欲しくなるんですよ。で、もっとみてもらうためにデザインとかいじりたくなってくるんですよ。

そのブログになれてきた頃のカスタム欲求にもこのbloggerはこたえることができます。わりと簡単にカスタムできる。もちろん、簡単なHTMLやCSSの知識は必要ですよ。

ちなみに、当サイトはダウンロードしたテンプレではなく既存のテンプレートの文字の色や大きさをカスタムして使用しています。

イメージはワードプレス風ね。そう、つまり、けっきょくはワードプレスに憧れてるんです。

でもね、それでも無料でワードプレス風ブログをつくれるってのがいいじゃないですか。

ちなみに、ドメインを取れば無料で独自ドメインにすることだってできる。独自ドメインをあてればこんごbloggerになにかあってもブログの価値を保持して移転できる。

試しに無料のブロガーで運営してみて、なれてきたらブログの価値を保持したままワードプレスへ引っ越しすることだって簡単にできる。

bloggerをPRしてみましたが、本心は、ブログをガチでやるならWordPressがいいと思ってるのは内緒です。

スマホを1日5分みるだけで薬局知識をアップデート!

薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません!

医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。

でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。

なんで勉強しないといけないのか?

それは、

次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。

医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。

これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。

たとえば、いま注目されているのは「リフィル処方箋」です。このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか?

つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。

要件に加えられてから焦っても遅いんです。

常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。

そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。もし効率よく薬局情報を収集したいなら「m3.com」を利用するのが1番。

m3.com」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。

通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。

利用するには登録が必要ですが、登録と利用は無料1分もあればできます。

\1分で無料登録/

「m3」詳しくはコチラ

スマホを1日5分みるだけで最新の医療ニュースをまとめてチェック

女性
m3.com」でしか読めない、薬剤師や専門家コラムもたくさんあるよ。コラムには業務ですぐに役立つ情報が満載です。

P.S.

登録すると私の業務改善コラム「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」も読めるからよかったら探してみてください(これが宣伝したかったw)

-運営報告

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.