薬局のルール

薬局での保険証の提示は義務なのか?

更新日:

保険証

保険証の提示を面倒臭がる患者さんが多いんですよね。

病院で一度見せているから、

患者さん的には2度手間になるので仕方ないのです。

そもそも、

処方箋に病院で確認してくれた保険証の番号が記載されているわけだが、

どうして薬局でも保険証を提示しないといけないのでしょうか?

その法的根拠はあるのでしょうか?

まず、処方箋に保険情報が記載してあるにもかかわらず、

薬局でも提示を求められるわけは、

病院にあまりにも保険証番号の間違いが多いということがあげられます。

処方箋の記載を鵜呑みにして、請求すると、

請求できずに薬局が損を被ることになります。

病院は保険番号を間違ったからといって、その穴埋めをしてくれることはありません。

だから、

薬局は薬局で、保険証を確認するわけです。

保険証提示に法的根拠はあるのか?

健康保険法施行規則

第五十四条  法第六十三条第三項 各号に掲げる薬局(以下「保険薬局等」という。)から薬剤の支給を受けようとする者は、保険医療機関等において、診療に従事する保険医又は医師若しくは歯科医師が交付した処方せんを当該保険薬局等に提出しなければならない。ただし、当該保険薬局等から被保険者証の提出を求められたときは、当該処方せん及び被保険者証を(被保険者が法第七十四条第一項第二号 又は第三号 の規定の適用を受けるときは、高齢受給者証を添えて)提出しなければならない

上記のように規定されています。

最後に、提示しなければならないと記載されています。

よって、

保険証提示は義務で、

薬局が提示を求めたら断れないことになっています。

だから、どうしても嫌がる方には「保険証を提示できなければ番号が確認できないので自費になります」なんて文句もありかもしれない。

といっても、

いちいちそんなことはしません。

いちおう処方箋に保険情報記載されているということもあり、

どうしても提示が嫌な方に無理に提示は求めません。

もめて処方箋を逃すよりも我慢して1枚受けたほうが特ですからね。

関連記事薬局の勉強に超オススメのサイト

スマホを1日5分みるだけで薬局知識をアップデート!

薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません!

医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。

でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。

なんで勉強しないといけないのか?

それは、

次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。

医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。

これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。

たとえば、いま注目されているのは「リフィル処方箋」です。このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか?

つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。

要件に加えられてから焦っても遅いんです。

常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。

そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。もし効率よく薬局情報を収集したいなら「m3.com」を利用するのが1番。

m3.com」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。

通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。

利用するには登録が必要ですが、登録と利用は無料1分もあればできます。

\1分で無料登録/

「m3」詳しくはコチラ

スマホを1日5分みるだけで最新の医療ニュースをまとめてチェック

女性
m3.com」でしか読めない、薬剤師や専門家コラムもたくさんあるよ。コラムには業務ですぐに役立つ情報が満載です。

P.S.

登録すると私の業務改善コラム「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」も読めるからよかったら探してみてください(これが宣伝したかったw)

-薬局のルール

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.