調剤補助員

調剤薬局事務に役立つピッキングの知識

更新日:

待ち時間こんにちはジム子です。

調剤薬局事務のピッキングが一部解禁されたので、これから調剤補助員の需要がますます増えるはずです。

解禁の詳細についてはこちらの記事で紹介しています。

うちの薬局は以前からピッキングやってたのであんまり変わらないのですが、これからピッキングを任されるようになる事務員は急なことなので大変だと思います。

そこで、ピッキングの先輩として調剤薬局事務がピッキングするときに注意することや役立つ知識をいくつか紹介します。

これから調剤業務を任される人は、いまから心の準備をしておきましょう。

処方箋をみてピッキングをしよう

処方箋をみてピッキングすることが何よりも大切です。

何を当たり前なこといってるんだ?」って思うかもしれませんが、実は、これできてない薬剤師もたくさんいます。

というのも「お薬手帳シール」や「薬剤情報シート」などの印刷物をみてピッキングしている人いませんか?

覚えられないから手帳シールをみながらピッキングした方がラクなのはよくわかります。ただ、その印刷物の内容ってほんとにあってますか?

手帳シールの内容は事務員の入力ミスで簡単に処方が変わってしまいます。

つまり「お薬手帳シール」や「薬剤情報シート」はピッキングにおいて処方箋の劣化コピーでしかありません。

薬局では処方箋こそが絶対的なものであり、重視しなければいけないものです。

なるべくミスを減らすためには処方箋で調剤していくことがとても大切です。

お薬手帳シールでピッキングすると何がそんなにダメなのか説明しますね。

入力したものをベースに調剤した場合

  • 「入力ミス」と「ピッキングミス」が連鎖的に起こります
  • 監査者は「入力ミス」と「ピッキングミス」を同時に回避しなくてはならない
  • 監査者が「ピッキングミス」に気づかなかった場合は薬袋とモノが一致してしまうので投薬時に気づきにくい

処方箋ををベースに調剤した場合

  • 「入力ミス」と「ピッキングミス」が全くの別のものになる
  • 監査者が「ピッキングミス」を見逃しても、投薬時に薬袋とモノが一致しないので気づくチャンスがある
  • 監査者が「入力ミス」を見逃しても、投薬時に薬袋とモノが一致しないので気づくチャンスができる
  • 監査者・投薬者が見逃して患者さんに薬が渡ってしまった場合でも薬袋と現物が違うことで気づいてもらえるチャンスができる

「入力ミス」と「ピッキングミス」が別の次元で起こるため、もし監査をパスしてしまっても、そのあとのステップで不一致がおきるため間違いに気づくチャンスがたくさんできます。

まとめ

ごちゃごちゃ言ったけど、なにが言いたいかというと「ミス」に気づきやすくなるってこと。

薬局にとって最悪のケースは患者さんに処方箋と違う薬がわたってしまうことです。処方箋をベースに調剤してくれていたら入力ミスを看過してしまっても、患者さんには正しい薬がわたります。

ダメなんだけど、それでも最悪なケースは免れることができますね。

常に、最悪を想定して、それを回避するように行動することが大切です。

アルミ包装開封の極意

アルミ包装って固くて開封しづらいんだけど、ちょっとしたコツですばやく、確実に破くことができます。

画像で紹介すると、こんな感じです。

ピロー包装に必ずある「重なり部分」をとっかかりにして引き裂きます。

順番に説明すると、

  1. 「重なり部分」を立てる
  2. 立てた部分をつまんで、横に力をいれると簡単にチギレる
  3. 下にズルズルとずらしていけば見事に、開封。

なれるまで少し時間がかかるけど、なれれば「重なり部分」をたっててから下まで割くのに一連の動作でできるようになります。

途中で千切れることなく、確実に開封できるため開封ストレスが減ります。

ヒート計算の極意を教えます

電卓ピッキングで必要になってくるのが計算スキルですが、こればかりは一朝一夕で身につくものではありません。

そもそも人間の頭はそんなに賢くないし、疲れてくるとパフォーマンスがおちて計算ミスを起こします。

いくら暗算が得意でも過信は禁物です。ときには電卓を頼りにしましょう。

ということで、ピッキングに超便利な調剤薬局向けの電卓を紹介します。

今回紹介する「あまり電卓」は調剤補助員がピッキングするなら必須のアイテムです。

「あまり」が計算できるだけの何の変哲もない電卓ですが、それが何の役立つのでしょうか?

試しに計算してみてください。

21錠ヒートで500錠をピッキングしてください。

500錠 ÷ 21錠 = 23 あまり 17

→ 23ヒートと17錠ピッキングすればOK

この思考の簡略化はスゴくないですか?

14錠ヒートで180錠をピッキングしてください。

180錠 ÷ 14錠 = 12 あまり 12

→ 12ヒートと12錠ピッキングすればOK

束で調剤することの多いツムラの漢方薬の調剤も楽ちんです。

ツムラ漢方薬を270包をピッキングしてください。

270包 ÷ 21包 = 12 あまり 18

→ 12束と18包をピッキングすればOK

暗算で計算できる人もいるだろうけど、私にはまず無理です。

電卓なので高価なものではありません。

個人で購入するのもよいのですが、調剤棚に備え付けてあったほうが便利です。

薬局の備品として購入してもらうといいでしょう。

薬局のローカルルールを遵守しよう

その薬局独自のローカルルールがあるので、効率が悪いと思っても空気を読んでルールに従うようにしましょう。

以前に「1錠」つくらないルールを批判したらボロクソにいわれましたね。ヒートがバラバラになる1番の要因は1錠を作らないというルールの厳守にあります。

あんまりにもバラバラになるときは臨機応変にやればいいと思うんだけどね。

さて、どこの薬局にも共通するルールに「錠剤は抱き合わせにする」というルールがあります。

錠剤はうまく噛み合わせて抱き合わせにすると監査する人が数えやすくなります。抱き合わせるには上下逆さまに組み合わせて対(つい)にします。

同じ向きで抱き合わせると、うまく噛み合わずにズレてしまいます。

急いでいるとズレたまま監査に回したくなるのですが、これ薬剤師は死ぬほど嫌がります。

マジで。

注意されるのもなので時間かかってもいいから事前に修正するように心掛けましょう。

他にもいろんな些細な注意があります。

輪ゴムもキレイに重なってないと監査時にこれ見よがしに修正する人がいます。

正直、これは薬剤師の美学であり自己満足だとおもってます。患者さんが待ってるのだから、そんな細かいこと気にする前にさっさと出せよとおもってしまいますね。

うちのローカルルール▼

「OK」な輪ゴムの止め方

「NG」な輪ゴムの止め方

こんなんぶっちゃけどうでもいいわ。

 

ゴミを調剤棚におかない

薬剤師の方々は調剤棚のゴミにめちゃくちゃうるさい。

極論ルールが「ゴミは直接ゴミ箱にいれて、調剤棚にはおいてはならない」です。

理想を言えばキレイな方がいい。取り違いのミスや戻し間違いのミスが減ります、また、作業スペースが広い方が作業効率があがります。

ただ、あくまでも「理想」です。

忙しいときにゴミを調剤台においてはダメとか、出したものを片付けなればいけないとか、これめちゃくちゃ効率悪いです。

美化を意識することは大切ですが、それよりも患者さんを待たせないようにすることがもっと大切だと思います。

ただ、それでゴミだらけになってるとミスが増えてしまうので、これの解決方法がチームワークです。

スタッフ全員が常に100%忙しい状態はありません。忙しい時でも「入力まち」「調剤まち」「監査まち」などでスキマ時間ができることがあります。

そのちょっとしたスキマ時間で、ゴミを片付けるように皆で意識するようにすれば、調剤室をキレイに保つことができます。

「誰が」片付けないとか、いちいち責任を追求する必要はありません。犯人探しするよりも自分で片付けたほうが早いし、誰のストレスにもならない。

誰が汚したとかいいから手が空いたらゴミの片づけ率先してやるといいです。

帯がついてるものを使用したら帯を外す

帯(おび)がついている商品の代表的なものとして「ツムラの漢方薬」があります。

7枚/束になって帯で束ねられています。

もしここから1枚抜いて6枚になったとしたら必ず帯を外しましょう。帯を外さずに中身だけをとることを「中抜き」といいます。

これをやると過誤のリスクが超絶高くなるためどこの薬局でも中抜きは「禁忌事項」とされています。

薬剤師は帯がついていたら7枚と認識してしまうので、数がそろっていないものは帯を外してあげます。

漢方薬に限らず、

  • ガストローム
  • ホクナリンテープ
  • 酸化マグネシウム
  • PL顆粒など

帯で束ねられている医薬品はたくさんあります。

手の指をやたらケガしたときの対処

ハイドロールピッキングしてると大量の空箱が発生します。

箱をつぶさないで捨てると、かさばってしまうため「つぶす」もしくは「ちぎる」かして捨てます。ゴミを捨てるのも有料なのでコスト削減のためにも少しでも小さくしなければならない。

毎日、大量の空箱をつぶしていると手の指がキズだらけになります

そこで手の指を怪我したときのおすすめアイテムの紹介です。

こちらハイドロールという商品です。

  • 大きな傷にも小さな傷にもハサミで切って使えるハイドロコロイド材
  • 浸出液を吸収し白く膨らんで傷を保護
  • 目立たず、やさしく、肌にぴったりフィット

キズパワーパッドに使われているハイドロコイド材が使用された。

ハイドロコイド材を使用するメリットは、布の絆創膏よりもキズを早く治すことができます。しかも、しっかり保護してくれるから外部の刺激からしっかり守ってくれます。

キズパワーパッドはすごくいいのですが1枚80円くらいするで超高価です。小さな切り傷ができるたびに使えるものではない。

紹介したハイドロールは、ハイドロコイド材でありながら、とにかく安価です。

なんと「10cm×40cm」もあって、このお値段です。ハサミで小さく切って使うため、これ1ロールあればスタッフみんなでつかっても数年もちます。

切り傷がたえない職場にはもってこいの商品だと思ったので紹介しておきました。

空いた時間で予製を作ろう

どこの薬局もそうだとおもうけど、患者の来局タイミングには「波」がありますよね。

すいてる時間もあれば、患者さんが集中して超絶忙しくなる時間もある。

そこで、超絶忙しくなる時間にそなえて、空いてる時間にできることはやってしまいましょう。

どうせ自分でピッキングするんだから予製した分だけピーク時に楽ができます。

予製のポイント

  • その日のうちに出そうな薬は開封して発注してしまう
  • アルミピローは開封しておく
  • よく出る単位で束ねておく
  • 目薬・点鼻・うがい薬はつめておく

予製の奥義である事前発注を紹介します。

毎日でる薬ってだいたい決まってますよね。よくでる薬は、朝一番の空いてる時間にその日にでそうな分だけ開封して発注してしまいます

どうせピーク時に開封して発注業務するなら前倒ししてしまいます。午後に薬が減ったタイミングで、補充されるから、過剰在庫になりません。

ときに読みを外すこともありますが、たくさん出る薬なら大したリスクになりません。

よくでる薬のアルミ包装は事前に破ってしまいましょう。忙しいときに開封するのは手間だし、ゴミがうざい。

うちはタカベンス錠が1日1000錠くらいでます。1回84錠で使用するので、アルミ包装は全部破ってさらに84錠で束ねておきます。

空いてる時間に、何もしないのはもったいないからピーク時にする仕事を前倒しするような感覚を心がけましょう。

調剤補助員のピッキング以外の仕事

調剤補助員のピッキング以外の仕事については別の記事でまとめているので、興味がある方はよかったら参照してください。

重大なお知らせ

20万人以上の医師、10万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト「m3.com」で新連載をスタートしました。

詳しくはコチラ

薬局の仕事を"ラク"にするヒント満載

薬剤師さんにお願い

転職するときはコチラから登録してもらえると嬉しいです。

詳しくはコチラ

現場の薬剤師さんにオススメの転職サイトを聞いてみた

-調剤補助員

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.