調剤薬局事務の資格

調剤薬局事務の資格を独学でとるための市販のテキスト

更新日:

調剤薬局事務の資格っていくつかあるけど、独学で 取れるもの取れないもの がある。

とれないのは、そもそも受験資格として講座の受講が前提にあるものです。これは講座を受講しないといけないから40000円近いお金がかかる。

逆に、講座受講が必須じゃないものに関しては、受験料だけで資格を取得することができる。

調剤薬局事務に関してはいろんな民間資格があるんだけど、もし独学で調剤薬局事務の資格が欲しければ調剤事務管理士の資格に挑戦してみるといいだろう。

これなら市販テキストと過去問だけで十分に取得可能です。

まず講座での受講を検討している方は最初に独学用のテキストを購入してみるといい。それでどんなものかを認識してみて、ダメそうであれば講座に頼るというのが建設的な流れでしょう。

調剤事務管理士と調剤報酬請求事務の違い調剤事務管理士と調剤報酬請求事務の違い

調剤事務管理士とは

調剤事務管理士とは
保険医療機関が処方せんを発行し、薬の調剤は保険調剤薬局が行う、という医薬分業が進んでいます。
保険調剤薬局では、薬剤師が調剤に専念するため、処方せんの受付や会計を担当する 事務スタッフを求めています。 調剤報酬の仕組みを理解し、正確に調剤報酬を算定し請求できる事務スタッフは、薬局運営のサポート役として、欠かせない存在です。
調剤事務管理士®の資格は、調剤報酬の算定に関する知識とスキルの証となります
公式サイトより引用(調剤事務管理士|JSMA

調剤事務管理士

実施団体:技能認定振興協会
受験資格:特になし
受験料:5700円(税込み)

テキスト代を含めなければ5700円だけで取得可能なんです。

ちなみに、この調剤事務管理士を取得できる有名な講座としてはユーキャンやソラストがあげられる。

講座料金はご自身で探してみてくださいね。

つまり、ユーキャンやソラストで取得できる資格と同じものがたったの5700円でとれるのだ。ただ、テキストは自分で準備しないといけないから、流石に5700円だけではとれないですね。

ちなみに、

最低限準備して欲しいテキストは2種類です。

まずはこれ。

調剤報酬請求事務

*注意!!(2016/04/08追記)

平成28年に診療報酬改定があったためテキストは最新ですが、内容は診療報酬改定に対応していません。まだ市販のテキストで対応しているものはないので、平成28年度調剤報酬改定に対応したものが発売されるまでは講座受講での取得をおすすめします。

受講を希望するならこちらの比較サイトがおすすめ
>>無料でできる調剤薬局事務の講座比較サイト

これで全体像と基礎を学んでください。

そして、過去問を解いて本番に備えます。

過去問は公式サイトより購入ます。
>>講座と試験問題集|キャリアをつかむ、明日をつかむ。JSMAの資格【技能認定】

気をつけて欲しいのが、上記のサイト講座の案内があるが、それはひとまず気にしないで問題集だけ注文しましょう。『調剤試験問題集 解答と解説』2100円(税込)。

これは試験団体が発行する問題集だから購入して損はない。というか、敵を知らずして戦には挑めないから、これは必須アイテムです。

ということで、この2冊あれば大丈夫です。まず、1冊で基礎を勉強して下さい。そしてひと通り読み終えたら過去問を解いてください。それで足りないと思ったらもう1冊くらい関連書籍を購入してもいいだろう。

追加で購入するならこれがおすすめです。

ひとりで学べる調剤報酬事務&レセプト作例集

ただ、最初の2冊だけで十分だとは思う。

ということで、テキスト代は3500~5100円くらいですね。

テキスト代と受験代をあわせると資格を取得するための最低金額は9100円です。

勉強に費やす時間は独学だと1ヶ月くらいは必要だと思います。調剤報酬明細書の作成は専門的な知識が必要で具体的なイメージがしにくく概要を把握するまでに時間がかかります。

もし金銭的に余裕があれば講座の検討をオススメする。というのも通学コースを利用すればたったの3日間で調剤報酬請求事務技能検定試験に合格することができる。合格率も90%近くあります。

こちらのサイトで複数の講座をまとめ比較することができます。

無料で資料を請求ボタン

最短での取得コースは3日(15時間)なので勉強に時間が取れないという方にはホントおすすめのコースです。

独学のアドバイス

過去問がスラスラ解けるようになれば合格は簡単です。隔月で試験やってるから、自分のレベルが怪しいと思ったらその月は飛ばして翌々月にトライするといいだろう。

過去問がスラスラ解けないようでは受験するだけムダです。

試験はテキスト持ち込み式だから勉強をするにあたって暗記は必要ない。理解すればいいのだ。愛用のテキストを見ながら調剤レセプトが作れるようになればそれでOK。

勉強するときは無理に気張って暗記しようと思わないことです。読んで理解できればそれでいいのです。

基本的な流れとして、

まずは基礎となる本を一読する → 過去問をとく → 基礎になる本をもう一度読み返す → 過去問をとく

こんなもんです。これを繰り返すだけです。たぶん2サイクルで自身が持ててくると思うけど、3サイクルやれば自身をもって受験に挑めます。

インプット → アウトプットのバランスが大切です。読むだけで理解したつもりにならないことです。面倒だけど自分の手を動かして過去問といてくださいね。

インプット作業においては、これは読むだけで構わないと思う。蛍光ペンであちこち線引く人いるけど、いまの勉強法の主流は線を引かないことです。

線引いただけで満足してしまいますからね。あと、初めて読むのに大事なとことそうでないとこの区別なんてつかないはずです。最初は全部大事なものだと思って読みます。

そして、過去問を何度か解くうちに本当に大事なところがわかってくるはずなんだけど、わかったときにはもう線を引く必要はないですよね。

当然、読むだけでは記憶は定着しません。必ず、手を動かしたり、声に出したりして外部に書き出す作業(アウトプット)が必要です。この場合は過去問を解くという作業がアウトプット作業に該当します。

だから、最初に述べたサイクルで読む→解くこれを繰り返すだけでいいのです。

最初は、空いた時間を見つけてとにかく読み進めます。そして、まとまった時間がとれたら過去問に挑みます。

たぶんだけど「意外といけるじゃね?」って感じると思う。あとは繰り返して自信をつけるだけです。

で、この段階でもし無理そうであれば講座の受講を検討すればいい。だって、ここまで投資した額3500円だけですよ?結局、講座を受講することにしたとして、無駄になったのは3500円だけですから、これで講座を受講するかどうかの判断ができるなら安いものだとおもう。ちなみに、おそらく9割方は講座なしで楽勝だと感じると思う。

もし、それでも受講を検討するという方には一番安い調剤薬局事務講座を探すならこちらです▼▼▼

無料で資料を請求ボタン

資料請求だけなら無料なので、悩むくらいなら請求してみるといいです。

一応、講座受講のメリットを書く

・添削してくれる
・モチベーションが上がる
・お金を払ったらもうあとには引けない
・これさえあれば受かるという安心感

でもね、ちょっと考え方を変えると独学にもメリットがある。だって、お金がかからないんですよ。これで突破したら30000円ほど浮くと考えればそれだけで、モチベーションアップしませんか?

ぶっちゃけ、安心感なんてのは「過去問」をとけばえられます。敵の強さがわかり、さらに「弱いな」と認識できれば安心しますよね。添削?必要ですか?答えと照らし合わせるだけですよね?

必要なテキストが一式揃っているというメリットもありますが、この記事読んで頂ければ必要なテキストはわかりましたよね?

調剤薬局事務になるにあたってのアドバイス

いろんな資格があって、まずどれを受験すべきかで悩みます。でも、調べても調剤薬局事務資格の違いってわからないんですよね。

私もわからないです。だから、採用する薬局側も違いはわからないです。細かいことで悩まずに調剤事務管理士でいいと思います。

資格や認定に過度に期待を持たないことです。資格持ってるからいいというものではないです。ただ、ちゃんと勉強したってことを証明するに過ぎず、資格自身に効力はありません。

たとえ、最終的に試験を受けずに資格取得まで至らなかったとしても、資格欄にはなにも書けませんが、特技・アピール欄のとこに調剤薬局事務について勉強して来ましまたと記載しとけば同等のアピールができると思う。

ホントに、その程度のものなのだ。当然、勉強しないで勉強したって言うと突っ込まれた質問された時に墓穴を掘る事になるからそれは駄目ですね。

-調剤薬局事務の資格

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.