薬局便利ツール

患者名の漢字が読めないときの入力方法

更新日:

処方箋を預かったらまずその人の患者情報をレセコンに入力する。

入力内容は、名前、生年月日、性別、保険情報だ。

一度入力してしまえば2回目に来局されたときには直ぐに呼び出すことができるけど、初回だけは何かと入力することが多いので時間がかかる。

特に時間がかかるのが患者名を漢字で正しく入力しなければならないことだと思う。

うちは比較的小さい子供が多くくるのでキラキラ輝く素敵な名前が多い。

一発で変換出来ればいいんだけど、なかなかそうもいかずに仕方なく一文字ずつ音読みで変換するけど読めない文字がでてくる。

そういった時に活躍するのがIME手書き入力パッドです。

Windowsだと右下のIME日本語入力ツールから開くんだけど、

みんなこれ使ってるよね?

これって開くまでに色々経由するから毎回だと手間なんですよね。

実は、入力しながら一発で手書き入力パッドが開けるショートカットキーがあるんです。

入力している途中で「F5キー」を押してみてください。

一発でIME手書き入力パッドが開きます。

ただし、注意しないと行けないのが、カナ入力モードのときに何らか文字を入力して、その文字に下線がある状態(Enterを押す前の状態)の時に「F5」を押さないとダメです。

入力途中じゃないとなにも出てきませんので注意。

漢字で悩んだときは変換で粘らないで「F5」で呼び出した方が短時間で入力することができます。

この方法はマイクロソフトの日本語入力限定です。Google日本語入力ではできません。

余談ですがわたしは普段家でパソコンをする場合はGoogle日本語入力使ってます。パソコンでブログを書くことが多いので日本語入力システムにはこだわりがあります。Google日本語入力は無料ながら変換精度が高く予測変換のサジェストがバンバン出るので入力が早くなります。

ただ、レセコンに導入はお勧めできません。

なぜなら、Google日本語入力の手書き入力パッドがホントにポンコツだからです。いくら丁寧に記入しても目的の文字がまったく出てきません。

Google日本語入力は文章の入力には適してるとおもうけど、調剤レセコンでは文章入力することなんてほとんどないからマイクロソフトIMEの方が業務に適してると思います。

-薬局便利ツール

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.