平成26年度診療報酬改定

診療報酬改定でお薬手帳シールの有無で会計がかわるぞ

更新日:

平成26年の診療報酬改定で、

お薬手帳の有無によって会計がかわるかことになりました。

以前からテレビの影響で手帳シールや説明書はお金がかかるって噂はありますが、

いままでは手帳の有無や説明書の有無によっては会計はかわりません。

そもそもなんでこんな噂があるかというと、

2年毎に法律が細かく変わるからです。

確かに、昔はお薬手帳の有無や説明書の有無によって会計がかわることがあったが、

現行は、お薬手帳シールの有無によって会計はかわりません。

それが、

また今回の改定によりお薬手帳を使用しない人は会計が安くなることになりました。

ちなみに、薬剤情報提供書(薬の説明書)の有無は会計に影響しません。

具体的に何がかわるかというと、

薬剤服用歴管理指導料が今回の改定で2パターン用意されました。

それが、

薬剤服用歴管理指導料(手帳あり):41点
薬剤服用歴管理指導料(手帳なし):34点
上記の2種類です。

手帳をもって来なかった人は34点になります。

ちなみに、手帳をわすれてシールだけを希望する人にシールを渡した場合であっても34点になります。

手帳に主な事項を記載(シールを貼付)してはじめて41点を算定することができます。

てか、

手帳忘れたから今回だけはシールだけ欲しいって人はけっこういます。

シールの代金をいただけない以上はシールだけを渡す義務はないはずです。

シール代だって感熱紙のいいものをつかっているので馬鹿になりません。

手帳忘れの人にシール代を請求しないと毎回わざと忘れて家で貼るなんて言われたら丸々損をするわけです。

まだ疑義解釈が発表されていないので、細かくはどうなるかわからないんだけど、

①シールのみ希望の人はシール代実費でとっていいのかな?
②手帳忘れのシールのみ下さいは拒否していいのか?
③手帳持ってきてくれた人に特典つけたらダメかな?

いくつか疑問がありますが、

改正したばかりなのでこれから議論が煮詰まっていくにつれて解決するはずです。まずは疑義解釈まちですね。

スマホを1日5分みるだけで薬局知識をアップデート!

薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません!

医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。

でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。

なんで勉強しないといけないのか?

それは、

次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。

医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。

これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。

たとえば、いま注目されているのは「リフィル処方箋」です。このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか?

つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。

要件に加えられてから焦っても遅いんです。

常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。

そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。もし効率よく薬局情報を収集したいなら「m3.com」を利用するのが1番。

m3.com」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。

通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。

利用するには登録が必要ですが、登録と利用は無料1分もあればできます。

\1分で無料登録/

「m3」詳しくはコチラ

スマホを1日5分みるだけで最新の医療ニュースをまとめてチェック

女性
m3.com」でしか読めない、薬剤師や専門家コラムもたくさんあるよ。コラムには業務ですぐに役立つ情報が満載です。

P.S.

登録すると私の業務改善コラム「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」も読めるからよかったら探してみてください(これが宣伝したかったw)

-平成26年度診療報酬改定

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.