調剤薬局事務の資格

調剤薬局事務の転職失敗談をきいたから注意点をまとめたよ

更新日:

たまたま知り合った調剤薬局事務の人に転職失敗談を聞いたので、今後の転職活動を考えてメモしときたいと思う。

調剤薬局事務から調剤薬局事務への転職失敗で次のような勤務形態になってしまったそうです。

給料が少なくなった上に、毎日1時間多く労働して、公休は120→105に減って、残業代はでないうえに、社会保険には入れてもらえない。

ポイントを箇条書きにしてみる

・1日の実働が基本8時間だと思ってはいけない
・残業代は20時間超えたらでるらしい
・年間休日105は少ないから120欲しいよね。
・社会保険はいってないってきついよね

 

1日の実働が基本8時間だと思ってはいけない

週五勤務らしいんだけど、営業時間が9時から19時らしくって休憩1時間差し引いて実働9時間になってしまう。

その分、月給が高ければいいんだけど、いままで働いていた実働8時間よりも給料が安くなってしまったそうです。毎日1時間多く働かないといけない上に給料減ったとか最悪ですよね。

これは8時間労働が基本だと思い込んでいた弊害ですよね。個人でやっているような薬局の面接と雇用ってテキトーですからね。事前に確認しなかった自分が悪いと言っていたけど、これは説明しなかった薬局の方が悪いと思う。

薬局やクリニックって営業時間にあわせて勤務するので8時間が当然だとおもって雇用契約すると1日9時間が基本というトラップにハマる。また9時~18時という営業時間は薬局では珍しい方で、普通は遅番早番組んで8時間になるように調節することが多い。人がいないとこだと9時間勤務とかになるんですよね。

残業代は20時間超えたらでるらしい

そもそも実働が長いから残業とされる部分が少なくなるって話だったけど、それ自体がちょっとおかしいと思う。

労働基準法の第32条に「使用者は1週間の各日については労働者に休憩時間を除き1日について8時間を超えて労働させてはならない。」って書いてある。

だから、9時間働いたら普通は1時間は残業扱いになると思うんだけど、そんなことないらしい。

で、極めつけが見込み残業です。月に20時間分の残業代が月給に組み込まれているのです。だから、20時間残業した給料はもうすでに支払われているってことで、20時間超えた分が残業代として加算されるようです。

つまり、残業代という制度はあるが機能してないってこと。

選ぶなら残業代くらいはフルでだしてくれるとこ選びたいですよね。

年間休日105は少ないから120欲しいよね。

年間休日数も確認しなかったらしくって、以前は120だったのが105になってしまったらしい。

さて、世の中の年間公休数については105と120という数字を見ますが、具体的にどういう違いがあるのでしょうか?

年間休日105の場合

1年間の365日を7日でわると1年は52.14週になります。

完全週休2日制だと52.14×2で104.28になるのでこれで約105です。

つまり、105の場合は完全週休2日制にしたら、祝日や夏休みや年末年始の休みは全くない計算になるので、祝日がある週は祝日を休んだら他で出勤するか、もしくは祝日に出勤するかで調節するほかない。

想像するに、けっこうしんどいです。足りない分は有給を消化して行きますが、それすらも出来ないとなるとかなり辛い。

年間休日120の場合

105よりも15日多く休みが取れます。この15日というのは国民の祝日の数(15日)と一致します。

つまり、完全週休2日制プラス国民の祝日まで休める計算になる。

これだと世の中の子どもたちと同じように休みが取れて、パパ・ママはお子さんたちと楽しく休日が過ごせるわけです。

<見解>
薬剤師が世の中で不足しているので、比較的いい雇用条件が提示されており、同じ店舗スタッフである事務もそれと同じ公休数であることが多い。職種が違くても同じ店舗スタッフなのに公休数が違うということは考えづらいからだ。

ということで、105は少ないですよ。事務であっても110~120くらいは狙って面接いくといいです。

社会保険はいってないってきついよね

あんまりよくわからないからざっくりいきますね。さらにいうなら間違ってたらごめんなさい。社会保険料(健康保険+厚生年金)って会社が半分払ってくれているんですよね。

だからこれに入れなかったら自分で国民健康保険と国民年金にはいるわけだけど、会社が半分負担するわけではないので、全額自分で払うから高くなる。加入できるなら社会保険に入ったほうが絶対有利だけど、入れてくれない場合もあるんですね。

どうやら法人であれば社会保険に加入しないといけないみたいだけど、個人事業主の場合はそうでもないみたい。

ということで、社会保険完備は当然と思わないほうがよく入社前に聞いとくべきだったんだ。いやっ、でも法人の場合ならきくまでもないか。個人のとこは注意が必要ですね。

調剤薬局事務は転職に強い

転職に強いというよりは一度現役を退いても新たに調剤薬局事務につきやすいということだ。だって、薬局はコンビニよりも沢山あるんですよ。すぐに見つかります。

また、一度でも事務経験のある人ならどこの薬局でもすぐに順応することができる。パートなんかもよく募集しているから育児と両立してやっている人も多い。

比較的、実用性な高い資格といえる。

調剤薬局事務についてより詳しい内容を知りたい方には、資格のパンフレットが一番わかりやすいです。いろんなとこがパンフレットだしているので、一括で資料請求できるサイトを使うのがおすすめです。

無料でかんたんにできるから少しでも気になっている方はまずはコチラで資料請求してみるといいです。
独学でもとれるけど、けっこうしんどいから3万円が許容できるなら講座の方が確実だとは思う。

失敗しない転職がしたいなら

転職したいと考えるたら、まず転職サイトに登録しましょう。調剤薬局事務の人って、経歴に自信がないのか、転職サイトよりもハローワークを頼る傾向にあるけど、遠慮なんか要らないですよ。転職サイトどんどん活用しましょう。星の数ほど求人があるから調剤薬局事務経験だけの人でもさまざまな選択肢が用意されています。おすすめというか、最大手だから登録しとけば間違いないというのが リクナビNEXTです。

何がそんなにいいのかって、
・求人の「質」と「量」が素晴らしい
・サイトの操作性や使い勝手がいい
・スカウト機能で企業側からオファーが届く
・転職のノウハウが情報などの必要な情報が全て掲載されている

スカウト機能とは自分の職務経歴書や履歴書を登録企業に公開することで、その情報を見た企業側から直接オファーが来る。これが意外と来るんです。直接のオファーなので面接での合格率が格段に高いのが特徴です。登録だけでもしといて損はないと思いますよ。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

-調剤薬局事務の資格

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.