法律

インフルエンザ、水疱瘡、溶連菌などいつから保育園や学校へ行っていいのか?

更新日:

インフルエンザや水疱瘡の時なんかの流行性の病気にかかってしまった時には、周りに感染しないようにするために、

しばらく学校や幼稚園へは行けないことになっていますがいったい何日間行けないのでしょうか?

この根拠となる法律は学校保健安全法です。

ここに出席停止の期間が示されており、保育園や幼稚園もこの学校保健安全法に準拠することとなります。

目次

学校保健安全法

第19条
校長は、感染症にかかっており、かかっている疑いがあり、又はかかるおそれのある児童生徒等があるときは、政令で定めるところにより、出席を停止させることができる。

学校保健安全法施行規則

第18条(感染症の種類)
学校において予防すべき感染症の種類は、次のとおりとする。
①第一種 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群及び鳥インフルエンザ
②第二種 インフルエンザ、百日咳、麻しん、流行性耳下腺炎、風しん、水痘、咽頭結膜熱、結核及び髄膜炎菌性髄膜炎
③第三種 コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎その他の感染症

第19条(出席停止の期間の基準)
令第六条第二項 の出席停止の期間の基準は、前条の感染症の種類に従い、次のとおりとする。
①  第一種の感染症にかかつた者については、治癒するまで。
②  第二種の感染症(結核及び髄膜炎菌性髄膜炎を除く。)にかかつた者については、次の期間。ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りでない。
イ インフルエンザにあつては、発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後二日(幼児にあつては、三日)を経過するまで。
ロ 百日咳にあつては、特有の咳が消失するまで又は五日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで。
ハ 麻しんにあつては、解熱した後三日を経過するまで。
ニ 流行性耳下腺炎にあつては、耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹 が発現した後五日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで。
ホ 風しんにあつては、発しんが消失するまで。
ヘ 水痘にあつては、すべての発しんが痂皮化するまで。
ト 咽頭結膜熱にあつては、主要症状が消退した後二日を経過するまで。
③  結核、髄膜炎菌性髄膜炎及び第三種の感染症にかかつた者については、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで。

これが法律の条文ですね。

これではわかりにくいので表にしてみました。

種別 病名 期間
第一種 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群、鳥インフルエン 第1種の感染症に罹った者については、治癒するまで
第二種 インフルエンザ 発症後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼稚園児については3日)を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで、又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻疹(はしか) 解熱した後、3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
風疹(三日ばしか) 発疹が消失するまで
水痘(みずぼうそう) すべての発疹が、痂皮化するまで
咽頭結膜熱(プール熱) 主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核 医師が感染の恐れがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 医師が感染の恐れがないと認めるまで
第三種 コレラ細菌性赤痢腸管出血性大腸菌感染症腸チフスパラチフス流行性角結膜炎急性出血性結膜炎その他の感染症 医師が感染の恐れがないと認めるまで

上記は法律に規定されている期間なので学校や保育園や幼稚園はこちらを遵守しなければなりません。

よって、インフルエンザの場合は「発症後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼稚園児については3日)を経過するまで」登園が禁止されています。

これ以外の病気についてはどうなのでしょうか?

実は上記の表に書いてないものは明確に何日休まなければいけないという法律はないのです。

でも、手足口病とか溶連菌とかって保育園や幼稚園で一人が罹ると爆発的に蔓延しますよね。

法律で規定されていなくてもある程度の目安や良識が必要になります。

手足口病はいつから保育園に行けるのか?

手足口病は夏風邪の一種で、飛沫感染や接触感染で移ります。

感染してから3-5日で口の中や手のひらに発疹が出ます。高熱が出ることもあります。

口の中に水疱ができて食事を摂るのが辛くなります。

登園禁止の目安は、発熱や口の中の水疱・潰瘍の影響がなく、通常の食事がとれるようになるまでです。

ヘルパンギーナはいつから幼稚園に行けるの?

ヘルパンギーナは夏風邪の一種で、手足口病と同じような症状を表します。

違いは、ヘルパンギーナは主に口内に症状が現れ、手や足の水疱は見られません。

これも飛沫感染や接触感染が知られているので、保育園で一人かかると蔓延することがあります。

潜伏期間は2-5日程度です。高熱が現れて口内に水疱が現れたてヘルパンギーナと診断された場合は、

発熱や口の中の水疱・潰瘍の影響がなく、通常の食事がとれるようになるまでは登園は控えましょう。

伝染性膿痂疹(とびひ)はいつから学校へ行けるの?

とびひの正式名称は伝染性膿疱疹(でんせんせいのうかしん)です。伝染性とあるので人に伝染る病気の一つです。

掻き壊した皮膚に細菌が感染してしまうことでなることが多いです。

他の子に触ったり、タオルなどを共有することで感染します。

広い範囲の水ぶくれ・びらんが軽快するまでは学校は控えましょう。

溶連菌感染症(溶血性レンサ球菌咽頭炎)はいつから登園していいの?

溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)もお子さんに多い病気で飛沫感染します。

風邪と似たような症状なので見分けがつかないことも多いのですが、のどが痛い風邪は溶連菌感染症かも知れません。確定診断は、喉の粘膜を綿棒などでこすって溶連菌がいるかどうかを迅速キッドで検査します。

ほっといても治ることが多いのですが通常、抗生物質で治療が行われます。抗生物質を服用すると比較的速やかに解熱します。

熱がなくなると人に伝染ることもほとんどないと言われています。

登園禁止は学校保健安全法に規定されていないから、明確に決まっていません。熱が下がったらとか、伝染性のおそれがなくなったらとか、発病後7日経過したらなどと言われています。

ここでは、ひとまず、

抗菌薬内服後24時間以上経過し、発熱がなくなり、通常の食事がとれるようになるまでは登園を控えましょう。

流行性角結膜炎(はやり目)はいつから出勤できるのか?

はやり目の感染力は凄まじい物で、接触感染します。目を擦った手で触ってしまったものから感染ります。

原則はやり目と診断されたら医師の指示があるまでは出勤や登校はしないこと。

期間は決められているわけではないが、最低でも目の充血が消えて目ヤニがなくなるまでは控えた方がいい。

表:目黒区の保育園において予防すべき感染症と登園許可の目安より

病名 保育園を休ませる期間
麻しん(はしか) 熱が下がり3日経過するまで。
水痘(みずぼうそう) 全ての発疹がかさぶたになるまで。ワクチン接種している時は新しい発疹が出なくなるまで
帯状疱疹 全ての発疹がかさぶたになるまで。
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下腺などの腫れが出現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで。
風しん(三日ばしか) 発疹が消えるまで。
百日咳 特有の咳がなくなるまで、又は5日間の適正な抗菌剤による治療が終了するまで。
咽頭結膜熱(プール熱) 発熱、咽頭及び結膜の症状がなくなり2日経過するまで。
インフルエンザ 発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後3日を経過するまで(発症した日、解熱した日の翌日を1日目とする)。
結核 全身の症状が快復し、主治医の許可がでるまで。
流行性角結膜炎(はやり目) 目の充血が消えて目ヤニがなくなるまで(眼科医の許可が必要)。
急性出血性結膜炎 主治医により感染の恐れがないと認められるまで(眼科医の許可が必要)。
腸管出血性大腸菌感染症(O-157など) 症状が治まり、かつ、抗菌薬による治療が終了し、48時間以降の検便により、菌が陰性と確認されるまで。
溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症) 抗菌薬内服後24時間以上経過し、発熱がなくなり、通常の食事がとれるようになるまで
感染性胃腸炎(嘔吐・下痢症) 嘔吐、下痢が治まり、通常の食事がとれ、体力が快復するまで。
マイコプラズマ肺炎 発熱や特有の咳が軽快するまで。
ヘルパンギーナ 発熱や口の中の水疱・潰瘍の影響がなく、通常の食事がとれるようになるまで。
手足口病 発熱や口の中の水疱・潰瘍の影響がなく、通常の食事がとれるようになるまで。
伝染性紅斑(りんご病) 体力が快復するまで。
伝染性膿痂疹(とびひ) 広い範囲の水ぶくれ・びらんが軽快するまで。

-法律

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.