平成26年度診療報酬改定

調剤報酬点数表(平成26年)

更新日:

調剤技術料

調剤基本料処方せん受付1回につき41点(妥結率50%以下の場合 31点)

ただし、
月平均4,000回超かつ集中率70%超の保険薬局または、
月平均2,500回超かつ集中率90%超の保険薬局は、
調剤基本料処方せん受付1回につき25点(妥結率50%以下の場合 19点)

長期投薬の分割調剤時1分割調剤につき(2回目以降の調剤時) 5点

後発医薬品の分割調剤時1分割調剤につき(2回目の調剤時) 5点
基準調剤加算1 12点
基準調剤加算2 36点

後発医薬品調剤体制加算1 後発医薬品の調剤数量が55%以上の場合18点

後発医薬品調剤体制加算2 後発医薬品の調剤数量が65%以上の場合22点

調剤料

内服薬
1剤につき、3剤まで
14日分以下の場合
  1~ 7日目1日分につき5点
  8~14日目1日分につき4点
15~21日分の場合71点
22~30日分の場合81点
31日分以上の場合89点

屯服薬21点

浸煎薬
1調剤につき、3調剤まで190点

湯薬
1調剤につき、3調剤まで
7日分以下の場合190点
8~28日分の場合
  1~7日目190点
  8~28日目1日分につき10点
29日分以上の場合400点

注射薬26点


外用薬
1調剤につき、3調剤まで10点

内服用滴剤
1調剤につき10点

嚥下困難者用製剤加算80点

一包化加算
  56日分以下の場合7日分につき32点
  57日分以上の場合290点

無菌製剤処理加算
 中心静脈栄養法用輸液
  (6歳以上、成人) 1日につき65点
  (6歳未満の乳幼児) 1日につき130点
 抗悪性腫瘍剤
  (6歳以上、成人) 1日につき75点
  (6歳未満の乳幼児) 1日につき140点
 麻薬
  (6歳以上、成人) 1日につき65点
  (6歳未満の乳幼児) 1日につき130点

麻薬等加算
麻薬1調剤につき70点

向精神薬
1調剤につき8点

覚せい剤原料
1調剤につき8点

毒薬
1調剤につき8点

自家製剤加算(内服薬、屯服薬)
錠剤、丸剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤、エキス剤(内服薬) 7日分につき20点
錠剤、丸剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤、エキス剤(屯服薬) 1調剤につき90点
液剤1調剤につき45点

自家製剤加算(外用薬)
錠剤、トローチ剤、軟・硬膏剤、パップ剤、リニメント剤、坐剤1調剤につき90点
点眼剤、点鼻・点耳剤、浣腸剤1調剤につき75点
液剤1調剤につき45点

計量混合調剤加算(内服薬、屯服薬、外用薬)
液剤1調剤につき35点
散剤、顆粒剤1調剤につき45点
軟・硬膏剤1調剤につき80点

時間外等加算
(時間外) (調剤基本料+調剤料+施設基準関係加算) 100/100
(休日) (調剤基本料+調剤料+施設基準関係加算) 140/100
(深夜) (調剤基本料+調剤料+施設基準関係加算) 200/100

夜間・休日等加算
処方せん受付1回につき40点

在宅患者調剤加算
処方せん受付1回につき15点

薬学管理料

薬剤服用歴管理指導料
処方せん受付1回につき41点
ただし、手帳による薬剤情報提供を行わない場合処方せん受付1回につき34点

麻薬管理指導加算22点

重複投薬・相互作用防止加算
(処方変更あり) 20点
(処方変更なし) 10点

特定薬剤管理指導加算4点

乳幼児服薬指導加算5点

長期投薬情報提供料
長期投薬情報提供料1 情報提供1回につき18点
長期投薬情報提供料2 服薬指導1回につき28点
服薬情報等提供料月1回に限り15点

外来服薬支援料185点

在宅患者訪問薬剤管理指導料
月4回(末期の悪性腫瘍の患者等の場合は週2回かつ月8回)まで
   同一建物居住者以外650点(保険薬剤師1人につき1日5回まで)
   同一建物居住者300点
  麻薬管理指導加算100点

在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料
月4回まで500点
麻薬管理指導加算100点

在宅患者緊急時等共同指導料
月2回まで700点
麻薬管理指導加算100点

退院時共同指導料
入院中1回(末期の悪性腫瘍の患者等の場合は入院中2回)まで600点

-平成26年度診療報酬改定

Copyright© 調剤薬局事務の仕事 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.